LANDING PAGE

カッシーナ LC4シェーズロング

 

イタリア家具の伝統から未来へ。インテリア界を革新する名門カッシーナ

上質なインテリアは、毎日使うものだからこそ、心豊かな生活、充実した人生を楽しむライフスタイルにつながります。より良い暮らしにこだわる人々に愛されるイタリア家具の中でも、憧れの的は圧倒的なブランド力を誇るカッシーナのインテリアです。

17世紀に北イタリア・ミラノ近郊のメーダにて誕生したカッシーナは、教会の木製椅子などを製造する家具メーカーでした。1927年にチェーザレ・カッシーナとウンベルト・カッシーナの兄弟が、「カッシーナS.p.A」として正式に会社として創業。当初は家具職人による手工業的な生産を行っていました。
第二次世界大戦後の産業化に伴って、カッシーナは外部デザイナーとのコラボレーションを開始。チェア・テーブル・ベッドなど多様な家具を生産するようになりました。
1950年代には、豪華客船・高級ホテル・レストランの内装などを手掛けました。モダン・ファーニチャーの分野に進出して、技術力を確立した名門となったのです。
カッシーナの多くの製品が高い評価を受け、世界中の有名な美術館にコレクションされています。また、イタリアの優れた工業デザインに贈られるコンパッソ・ドーロ賞も受賞しています。

カッシーナは柱となる「イ・マエストリ」と「コンテンポラリー」の2大コレクションを展開しています。
「イ・マエストリ」は、イタリア語で「巨匠たち」を意味し、20世紀初頭のモダニズムの名匠と讃えられる著名デザイナーたちの作品を復刻したシリーズです。
ル・コルビュジエをはじめ、バウハウス、ヘリット・リートフェルト、フランク・ロイド・ライト、チャールズ・レニー・マッキントッシュなどの著名なデザイナーたちの才能を反映し、コラボレーションしています。

イ・マエストリを代表する「LCシリーズ」は、ル・コルビュジエを中心とするチームがデザインした、4種の家具が1964年に復刻されたことが始まりです。
ル・コルビュジエの頭文字にちなんだこのシリーズは、LC1~LC4のインテリア製品が含まれ、本革とスティールパイプで構成されています。
LC1は自由な可動式の背がフィットするスリングチェア、LC2はミニマムで快適なソファ・オットマン、LC3は余裕のあるロータイプのアームチェア、LC4はスタイリッシュで寝心地の良いデッキチェアとなります。

LC4は、時を超えた名作と呼ばれる寝椅子。ゆったり心安らぐモダン・アート。

LC4は、スイス出身の建築家ル・コルビュジエの世界的に名高い作品の中でも、モダニズム精神の光る最高峰のチェアと言えます。本革とスティールの調和した、「大人のためのクレイドル(ゆりかご)」と表現しても良いでしょう。

ゆりかごのイメージにマッチする、リラックスして座ることに特化したデザイン。背もたれは下限140°〜上限170°と体に沿って自由に変化するので、身も心もリフレッシュすることが必要な現代人にとって、本物の休息をもたらしてくれます。
テレビを観たり、PC作業をしたり、寛いで音楽を聴いたり、スマートフォンを眺めたり、憩いのひと時を満喫したり…前かがみにならず、首や肩にストレスのかからないナチュラルな姿勢で、ゆっくり過ごすことができます。
台座からフレームを外してロッキングチェアとしても使えます。フレームは女性の力でも簡単に持ち上げやすい程度の重みです。自分流のスタイルでLC4の活用は思いのままです。

LC4誕生のきっかけは、1928年にル・コルビュジエのチームが、アトリエで進めていたチャーチ邸の内装用にデザインした椅子でした。この作品は、1929年にパリのグラン・パレで開催されたサロン・ドートンヌで発表されました。

サロン・ドートンヌは、前衛的な若い芸術家が作品の展示を行う場で、アンリ・マティス、ゴーギャン、セザンヌ、ジョルジュ・ブラックなどが参加し、新しい美術運動が生まれるシーンとなっていました。

この展示会は、ル・コルビュジエを中心に、ピエール・ジャンヌレとシャルロット・ぺリアンがコラボレートして【Equipement interieur d’ une habitation(住宅のインテリア設備)】を発表した記念すべきステージでした。

今でこそスティールパイプなどの近代的マテリアルを活かしたデザインは、LCコレクションのアイコンとなっていますが、当時ル・コルビュジエのチームがシンプルな美学を追求した作品を公の場で初公開した際に、あまりにも新鮮なスタイルがセンセーショナルな話題を巻き起こしました。

LC4のコンセプトと魅力―人に優しいテクノロジーとスタイリッシュな美意識。

コルビュジエの建築デザインは、「住宅は住むための機械である」というテーマに基づいています。その理想から生まれたLC4は「座るための機械」というコンセプトからデザインされたデッキチェアです。つまり、単におしゃれな外観ではなく、「人にとって使いやすくて美しく、その理由が論理的に説明できる」インテリアが、彼の哲学なのです。

人間工学をもとに、背のカーブはボディラインに合わせて緻密にデザインされています。優雅な曲線を描く弓型パイプは、自由にスライドすることができます。寝る姿勢に沿って角度をスムーズに変えられることにより、素晴らしい座り心地を体感できます。
LC4は、ナチュラルなポーズで休んでいる人のシルエットを、美しくスマートに演出してくれます。ダンディズムにこだわる男性にも、優美にリラックスしたい女性にも、最適です。

LC4チェアの魅力-1

イタリアならではの美しい本革を採用し、艶やかできめ細かくしなやかな革の上質感を発揮しています。

LC4チェアの魅力-2

クールに輝くスティールの品質を極め、高度な技術で溶接もない、なめらかな曲線美を実現しています。
光沢のある鏡面仕上げで、長期間の使用でも塗装がはがれたり錆びることもなく、末永く愛用できます。

LC4チェアの魅力-3

弓型パイプが形づくるフレームの自由な動きにより、それぞれの人に最適なフォルムを叶えてくれます。
傾きが無段階に連続して変わるフレキシブルな機能を持ち、人の自然な動きに合わせた合理的な設計です。

LC4チェアの魅力-4

伸縮性のあるエラスティック素材の3cm幅ベルトを細かく配置することにより、体をしっかりとサポート。
細かく体重を分散させるよう計算された構造により、バランス良く姿勢が保たれ、安定した快適さです。

LC4チェアの魅力-5

ヘッドレスト内部にはポリエステルパッドを採用。適度な柔らかさを保ちながら、弾力性に富んでいます。
耐久性にも優れており、へたりにくく衛生的なメリットがあり、長く使い続けても心地よい使用感です。

LC4を愛する暮らし。自然を思いやり、一生の友にふさわしい価値あるインテリア。

ル・コルビュジエの家具には、近代建築のようにシンプルな美しさがあり、計算された構造によって完成されています。
創造的で革新的であるとともに、洗練されたシルエットのLC4。長年の時を超えて現在でも「世界最高デザインの休憩椅子」と絶賛されており、20世紀を象徴するマスターピースのひとつです。

ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ぺリアンは、モダニズム建築と都市志向をめざしながら、自然と人のつながりも大事にしていました。
彼らは環境の重要性も深く意識しており、自然のインスピレーションは彼らのデザインにも影響を与えました。動植物の色・形・成長、嵐の中で平衡を保つ仕組みを知り、自然物から学んだアイデアを、彼らは建築・インテリア作品に活かしていました。

そのため、2015年に行われたLCコレクションのアップグレードでは、六価クロムめっきを、より安全な三価クロムに変えて、自然環境に配慮しました。
スティールの美観を劣化から守る六価クロムめっきは、家具に広く採用されているのが現状です。LCの家具はいち早く、クロム濃度レベルが低く、製造サイクルにおいて空気排出量が少なく、安心な三価クロムにリニューアルしたのです。

LCコレクションの製品には、貴重なオリジナリティと最上のクオリティを保証するため、「カッシーナ・イ・マエストリ」のロゴ、原作者のサイン、すべての製品が一点ものであることを表す識別番号が刻印されています。一流のインテリアだからこそ、長年の暮らしのパートナーとなり、使い込むほどに愛着の増す逸品と言えます。

シャープに冴える機能美に支えられた「最高のリラックス」。LC4は、実用性と芸術性を両立させた、暮らしのためのアートでもあります。そして20世紀の文化的遺産としての価値もある名作です。
世界のセレブリティにも愛されているLC4。人の心と体をやすらぎに満たす夢のようなシエスタはいかがでしょうか。

デザイナー ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン

機能美を極めた建築界の天才として、AIAゴールドメダルやレジオンドヌール勲章に輝くル・コルビジエ。
専門的な建築知識のキーパーソンであり、技術面でル・コルビジエを支えた建築家ピエール・ジャンヌレ。
テキスタイルの美的感覚に加え、人への快適さを工夫したインテリアデザイナーのシャルロット・ペリア。

LC4は、この3人のマエストロの素晴らしいチームワークから生み出されました。

モダニズム建築の巨匠ル・コルビュジエは、重要なパートナーである従弟のピエール・ジャンヌレと一緒に、1922年にパリのセーヴル通りにある新しいアトリエで専門的な活動を開始しました。
彼は設計の研究と基準を共有する相手とともに、深く永続的な理解を持ち、生涯を通じて支えました。
1927年10月に、彼らは現代の実用建築シーンにすでに存在していた若い建築家シャルロット・ペリアンの貢献を得ることを決定しました。

LC4シェーズ・ロングが誕生する背景には、芸術と機能性を調和させるル・コルビュジエの豊かな才能、ディテールの達人とも呼ばれたピエール・ジャンヌレの高度な知性とあわせて、シャルロット・ぺリアンの優秀なセンスも大きな推進力でした。
彼女はファブリックとクッションを完成させ、パリのアトリエで最初の原型となるプロトタイプを制作しました。

1937年まで続く彼らのコラボレーションでは、特に家具の創作に関して非常に実り多いものとなり、パートナーシップは彼らの確立した文化的重要性と専門家としての功績の両方に、大いに有益になりました。

シャルロット・ペリアンと二人が、「住宅とインテリアは暮らすための機械」という先進的な課題に協力して取り組み、ビジネスレベルでの有意義な結果を生み出したことは、正解でした。
さらに、カッシーナの生産面での貢献によって推進が行われており、コンセプトの領域と達成される品質の両方に関心が保たれ、コレクションに含まれる各作品に対する期待はますます高まっています。

商品詳細 / 問い合わせ

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)


    関連記事一覧