LANDING PAGE

カッシーナMyworld(マイワールド)ソファ

「Cassina」が世界のトップブランドになるまで

Cassina(カッシーナ)は教会の木製家具を製造していたカッシーナ兄弟により、1927年にミラノ(イタリア)で設立されました。
当時のヨーロッパの家具業界は手工業から工業化へ移行する最中で、Cassinaは外部の建築家やデザイナーとのコラボレーションを業界に先駆けて始めたブランドになります。
1950年に「イタリア建築デザインの父」と称されるジオ ポンティとの豪華客船「アンドレア・ドリア号」のインテリアでのコラボレーションが成功したことは、Cassinaの知名度を大きく上げるきっかけとなりました。
デザイン性が高い家具を確かな技術で工業生産できるブランドとして変化を遂げたCassinaは、以後、21世紀の現在に至るまで著名なデザイナーや建築家とコラボし、ひときわ高いデザインセンスを発揮した作品を次々と発表し続けています。
その多くの作品はニューヨーク近代美術館に収蔵されるなど、憧れの家具ブランドとして世界中の多くのファンを魅了し続けています。

時代に応じたデザインと技術の進歩を繰り返すCassinaブランドには、特色の異なる3つのラインが存在します。
近代建築の巨匠たちによる「イ・マエストリ」は歴史的な名作が多く、ル・コルビュジエやフランク・ロイド・ライトなどのデザインを堪能できます。
一方、デザイン愛好家に熱狂的な支持者も多い「シモン・コレクション」では、デザインへの合理主義的なアプローチをテーマに作られた革新的な家具に出会うことができます。
今回は『Myworld(マイワールド

)』ソファを紹介します。

ピースの組み合わせ次第で多様な過ごし方を提供する
Myworld(マイワールド)ソファ

カッシーナMyworldソファは美しさと快適性、機能性を備えた現代の暮らしに寄り添うソファです。

2人掛けおよび3人掛けのソファやアームチェア、カウチやオットマンといった全34ピースをラインナップ。

家族構成や過ごし方に合わせて、思いのままにピースを組み合わせてオリジナルソファを実現できます。

直線的にまとめたり、コーナーソファとして配置したり、スペースが許す限り無限にレイアウトできる自由度の高さが魅力です。

コンパクトにまとめても大きく広げても、シンプルながらさりげなく個性を演出できる上品なデザインでお部屋の雰囲気を高められます。

やさしく体重を受け止める肉厚クッションで座り疲れしづらい

座面および背もたれには、中綿とフェザーを組み合わせた肉厚のクッションを採用。

全身をやさしく包み込むボリューミーなクッションは、弾性と柔軟性のバランスが良く底付き感のないふっかりとした座り心地です。

適度な沈み込みがありながら、ソファ全体で体重を受け止め体への負担を軽減します。

長時間座り続けても疲れにくく、ソファで過ごす時間が長い方にもご満足いただけるでしょう。

ワンランク上の安定感を堪能できるワイドな座面

全身をすっぽりと包み込む、奥行き65cmの広々とした座面シートにも要注目。

ソファの上でゆったりとあぐらをかいたり、ベッドのようにゴロンと横になったりしても、窮屈さを感じさせません。

たっぷりと余裕のある幅広の座面に全身を預け、贅沢なくつろぎ時間を満喫していただけます。

心地よい立ち座りをサポートする絶妙な座面高

座面高は38cmと立ち座りの動作がしやすく、リラックスした自然な姿勢を保てます。

床にしっかりと足をつけて腰かけられるため、パソコン操作や書類チェックなどの作業も快適。

仕事をしたり、趣味に打ち込んだり、くつろいだり、Myworldソファなら一つのスペースで多様な使い方をお楽しみいただけます。

カラーラインナップ豊富な張地

インテリアイメージを左右する張地は、ファブリックとレザーの豊富なラインナップから選択可能です。

鮮やかな色合いからシックな色合いまで、絶妙なカラーバリエーションをご用意しています。

ファブリックは通気性がよく、やさしい肌触りが特徴です。

織り方によって質感が異なるうえ色柄も多彩のため、インテリアにマッチする1枚を見つけていただけます。

また、レザーは高級感があり優れた耐久性を有します。

年月を経るごとに色艶や味わいが増していき、世界に一つだけのソファに育てられるのはレザーならではの醍醐味です。

一生モノのソファとして、経年変化を楽しみながら末永く愛用していただけます。

ソファで過ごす時間をバックアップする専用オプション

サイドテーブルやパーテーションなど、専用オプションの多彩さもMyworldソファならでは。

とくに、2種類のサイドテーブルはMyworldソファと一体となって設置できるよう設計され、バックシートが浮いているかのような軽快感を演出します。

ボックスタイプのサイドテーブルにはコンセントやUSBポート、ワイヤレス充電器などの便利なガジェットを完備。

ソファでくつろぎながらスマートフォンやタブレットを操作したり、パソコンで作業したりする際にも、バッテリーの残量を気にする心配はありません。

デザイン性だけでなく機能性も充実したこだわりのオプションたちは、Myworldソファで過ごす時間をより快適で心地よいものに導いてくれるでしょう。

デザイナーPhilippe Starck

フィリップ・スタルク(Philippe Starck / 1949~)
フランスの建築家、デザイナー。カモンド装飾美術学校(パリ)で学んだ後、ピエール・カルダンのスタジオに入社し主に家具デザインを担当する。1980年にスタルク・デザインを設立し、パリのクラブ「マン・ブルー」のインテリアを手掛けるなどし頭角を現す。1982年にフランスの大統領公邸であるエリゼ宮のインテリアを任されたことで、一躍注目を浴びることに。Cassinaとの揚力関係を結び、1989年にアサヒブラッスリービルディング(日本)の内装・家具から建築デザインにも携わるなど、建築家としての側面もある。近年はXiaomi(中国)のスマートフォンのデザインを手掛けるなど、世界でもその独創的な感性が注目されるデザイナーの一人。

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)


    関連記事一覧