LANDING PAGE

カッシーナPRIVE(プリヴェ)ソファ

「Cassina」が世界のトップブランドになるまで

Cassina(カッシーナ)は教会の木製家具を製造していたカッシーナ兄弟により、1927年にミラノ(イタリア)で設立されました。
当時のヨーロッパの家具業界は手工業から工業化へ移行する最中で、Cassinaは外部の建築家やデザイナーとのコラボレーションを業界に先駆けて始めたブランドになります。
1950年に「イタリア建築デザインの父」と称されるジオ ポンティとの豪華客船「アンドレア・ドリア号」のインテリアでのコラボレーションが成功したことは、Cassinaの知名度を大きく上げるきっかけとなりました。
デザイン性が高い家具を確かな技術で工業生産できるブランドとして変化を遂げたCassinaは、以後、21世紀の現在に至るまで著名なデザイナーや建築家とコラボし、ひときわ高いデザインセンスを発揮した作品を次々と発表し続けています。
その多くの作品はニューヨーク近代美術館に収蔵されるなど、憧れの家具ブランドとして世界中の多くのファンを魅了し続けています。

時代に応じたデザインと技術の進歩を繰り返すCassinaブランドには、特色の異なる3つのラインが存在します。
近代建築の巨匠たちによる「イ・マエストリ」は歴史的な名作が多く、ル・コルビュジエやフランク・ロイド・ライトなどのデザインを堪能できます。
一方、デザイン愛好家に熱狂的な支持者も多い「シモン・コレクション」では、デザインへの合理主義的なアプローチをテーマに作られた革新的な家具に出会うことができます。
今回はCassinaが現代を代表する建築家やデザイナーとの協働である「イ・コンテンポラリー・コレクション」のラインから、『PRIVE(プリヴェ)』ソファを紹介します。

高貴な伝統美と自由な機能のハイブリッド – プリヴェ・ソファ

PRIVÉ(プリヴェ)は、フランス語で「プライベートな」「一人一人の」を意味する言葉で、この名を冠するカッシーナのソファは、自分らしい望みどおりのスタイルを実現し、日々の暮らしを最高の時間にしてくれます。
プレミアムな高級素材を、由緒ある技術と最新のテクノロジー、そして洗練のアート感覚で仕立てた「プリヴェ・ソファ」は、インテリア界のオートクチュール作品と呼ぶにふさわしいでしょう。このソファにゆったりと身を預けると、リビングで一休みする時間が、ベッドでのびやかに安眠するかのような深い安らぎに変わります。また寝室で休養する一時を、趣味や瞑想を楽しむプライベートなくつろぎの空間へと自在に転換できる、優れた機能とデザインを兼ね備えています。
タイミング・シチュエーション・ムードに合わせて、まったく違った雰囲気を演出できるという、画期的なコンセプトをもつソファとして、カッシーナ社の卓越した技術が生み出しました。エレガントな芸術性とスタイリッシュな実用性を巧みに調和させ、オリジナリティに富んだ新鮮なヴィジョンを表現しています。

プリヴェ・ソファの特長

  1. アンティーク家具を思わせる、歴史的な技術とデザイン要素。
  2. モダンで快適な機能性に秀でており、カジュアル志向にもマッチ。
  3. 水平アームと垂直のナロウアームの配置を自由にセレクト可能。
  4. 「ソファ=座る」だけではなく、さまざまなシーンで活用できる。
  5. 幅広いサイズやスタイルのコレクションで、組み合わせやすい。

トラディショナルな美学とチャレンジ精神の見事なコンビネーションから誕生したプリヴェのラインナップは、多様なサイズのアームチェア、1人掛け〜2人掛けソファ、四方から気ままに座れるアイランド・ソファなどで構成されています。
チェアとソファの両側には、平面アームと垂直のナロウ・アームがセットされ、平面アームは本や新聞・飲み物を置いたり、上昇・下降させることもできます。レイアウトや使いやすさに応じて、左・右のアームの種類を選ぶことも可能です。 豊富なアイテムが揃うコレクションから、スペースや好みに合わせてコーディネートを楽しめます。直線的なフォルムは配置もしやすく、いろいろなスペースに置きやすい形です。

  • 1人掛 両ナロウアーム:幅・奥行950mmの省スペースでも心地さを十分に実感できます。
  • 1人掛ロングシート(右or左に水平アーム/反対側にナロウアーム):幅1350mm×奥行1090mmで、足をゆったり伸ばして座ったり、横にもなれます。
  • 2人掛ワイド(右or左に水平アーム/反対側にナロウアーム):ゆとりのある幅2250mm×奥行1090mmサイズで贅沢なくつろぎを。水平アームは位置を移動することもできます。
  • スモールアイランド(水平アーム×1):シンプルで機能的、幅1200mm×奥行1260mmで少人数向きのコンパクトサイズです。
  • オットマン :幅1130mm×奥行1060mmと余裕があり、アームチェア・ソファの補助や、単独でスツールにも活用できます。

プリヴェ・ソファの魅力的なデザインの特徴となっている、豊かな起伏を描くボタン留めタフティング加工により、風格ある立体感が創り出されています。
この技は、18世紀頃からイギリスのチェスターフィールド・ソファやフランスのロココ様式ソファなど、貴族や紳士・淑女に愛好されたインテリアに施されてきました。タフティング加工により、フォーマルで重厚なイメージが高められる上、経年によるクッション材の崩れを防止し、数センチごとに張地を補強する役割も果たすことで、強度が増すというメリットもあります。そのため、クラシック家具のような気品ある趣と、長年にわたって使える弾力性や堅牢性を同時に叶えられます。

カッシーナは国際特許を獲得した新技術を開発し、カピトンネ・レザー(パッド入りレザー)に、プリヴェ・ソファの特徴的な革のボタンを取り付け、高い品質と耐久性を実現しました。
張地はシックな黒革を基本に、キャメルやオフホワイトなどの上質なレザーが揃い、最高級のEXTRA(エクストラ)・なめらかで繊細なNATURALE(ナトゥラーレ)・硬めで独特の質感のあるSCOZIA(スコツィア)など、革の風合いも選べます。
背面クッションはスモールフェザーとウレタンチップの柔らかな弾力で包み込み、座面クッションはポリウレタンフォームとポリエステル素材のクッション材で安定した心地よさを体感できます。ベースと脚部は、クールに輝くアルミニウムで、小粋さと丈夫さをグレードアップしています。 プリヴェは、古典的なインテリアの上品さを保ちながら、現代的でシンプルな空間づくりにも自然にフィットする、クラシカルでスマートな作品です。ソファに座ってリラックスするだけではなく、家族や友人たちと暖かく交流したり、好きな本や記事に集中して読書タイムを満喫したり、お洒落にドリンクを味わったり。このソファを愛用することで、生活をもっと心豊かに自分流のスタイルで楽しめることでしょう。

デザイナーPhilippe Starck

フィリップ・スタルク(Philippe Starck / 1949~)
フランスの建築家、デザイナー。カモンド装飾美術学校(パリ)で学んだ後、ピエール・カルダンのスタジオに入社し主に家具デザインを担当する。1980年にスタルク・デザインを設立し、パリのクラブ「マン・ブルー」のインテリアを手掛けるなどし頭角を現す。1982年にフランスの大統領公邸であるエリゼ宮のインテリアを任されたことで、一躍注目を浴びることに。Cassinaとの揚力関係を結び、1989年にアサヒブラッスリービルディング(日本)の内装・家具から建築デザインにも携わるなど、建築家としての側面もある。近年はXiaomi(中国)のスマートフォンのデザインを手掛けるなど、世界でもその独創的な感性が注目されるデザイナーの一人。

 

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)


    関連記事一覧