LANDING PAGE

Cassina 『VOLAGE-EX』ソファ

「Cassina」が世界のトップブランドになるまで

Cassina(カッシーナ)は教会の木製家具を製造していたカッシーナ兄弟により、1927年にミラノ(イタリア)で設立されました。当時のヨーロッパの家具業界は手工業から工業化へ移行する最中で、Cassinaは外部の建築家やデザイナーとのコラボレーションを業界に先駆けて始めたブランドになります。1950年に「イタリア建築デザインの父」と称されるジオ ポンティとの豪華客船「アンドレア・ドリア号」のインテリアでのコラボレーションが成功したことは、Cassinaの知名度を大きく上げるきっかけとなりました。
デザイン性が高い家具を確かな技術で工業生産できるブランドとして変化を遂げたCassinaは、以後、21世紀の現在に至るまで著名なデザイナーや建築家とコラボし、ひときわ高いデザインセンスを発揮した作品を次々と発表し続けています。その多くの作品はニューヨーク近代美術館に収蔵されるなど、憧れの家具ブランドとして世界中の多くのファンを魅了し続けています。

時代に応じたデザインと技術の進歩を繰り返すCassinaブランドには、特色の異なる3つのラインが存在します。近代建築の巨匠たちによる「イ・マエストリ」は歴史的な名作が多く、ル・コルビュジエやフランク・ロイド・ライトなどのデザインを堪能できます。一方、デザイン愛好家に熱狂的な支持者も多い「シモン・コレクション」では、デザインへの合理主義的なアプローチをテーマに作られた革新的な家具に出会うことができます。
今回はCassinaが現代を代表する建築家やデザイナーとの協働である「イ・コンテンポラリー・コレクション」のラインから、『Volage(ヴォラージュ) EX-S』ソファを紹介します。デザイナーごとによる違いがはっきりと見られるイ・コンテンポラリー・コレクションの家具は「家具を選ぶ楽しみ」「自分好みの一品を探す楽しみ」を私たちに与えてくれます。

時代を超越した上品なデザイン『Volage EX-S』

Cassinaは、イ・コンテンポラリー・コレクションはデザイナーの創造性はもとより、そのデザインを支える職人技や素材のクオリティがなければ決して実現しないラインだと考えています。このコレクションではCassinaの家具の従来持つ高い機能性やデザイン性に加え、快適性が特徴として挙げられます。

『Volage EX-S』は、フィリップ・スタルクが手掛けてきた従来のCassinaのソファデザインを自ら再解釈し、Cassinaの最先端の技術と時代を超越したエレガントさを融合させました。伝統的なCassinaの雰囲気と新鮮さが相反することなく全体の調和の取れたデザインは、優雅なモダンインテリアのリビングルームにふさわしいシステムソファの名作です。

リビングルームを優雅に演出する多彩な仕様

従来のボタン留めをシンプルでエレガントなステッチ仕上げに置き換えた布張りに象徴される、新鮮でモダンな外観を持つ『Volage EX-S』は、現代のあらゆる雰囲気のリビングに溶け込むようデザインされました。2人掛け、3人掛け、ロングシートなど多彩なユニット(*)も揃った、幅広いレイアウトが可能なシステムソファです。張地は発色の美しいレザーや肌触りの良いファブリックなど、Cassinaが厳選した素材からインテリアの雰囲気に合わせてお選び下さい。肘掛けはユニットによって異なり、余裕のある幅広とナロウアームの2種類をご用意。アルミニウムの脚部はポリッシュ仕上、アントラサイト塗装仕上、クロムめっき仕上の3種類から、ツヤの有無やお好みの色を選ぶことができます。レザーのサイドテーブルや円柱クッション、オットマンなどの充実したオプションも揃っており、お好みのアレンジでより『Volage EX-S』のラグジュアリー感を高めていただけます。

(*)ユニットタイプは、単体としてはご使用になれませんのでご注意ください。

EX-Sという極上の座り心地

1927年の設立当初は、木製椅子をメインに製造していたCassina。家具職人には伝統的で精度の高い家具を作る技術が継承されており、デザイナーの発想に最先端の技術を取り込みながら座り心地を追求してきました。EX-Sとは「エクストラソフト」を意味し、場所によって密度を変えたポリウレタンフォームにフェザーを被せる細やかな作業を徹底しています。世界のトップブランドであるCassinaだから実現できる、まさに「格別に柔らかい」極上の座り心地を体感することができます。

フィリップ・スタルク

フィリップ・スタルク(Philippe Starck / 1949~)

フランスの建築家、デザイナー。カモンド装飾美術学校(パリ)で学んだ後、ピエール・カルダンのスタジオに入社し主に家具デザインを担当する。1980年にスタルク・デザインを設立し、パリのクラブ「マン・ブルー」のインテリアを手掛けるなどし頭角を現す。1982年にフランスの大統領公邸であるエリゼ宮のインテリアを任されたことで、一躍注目を浴びることに。以後、インテリアや家具にとどまらず、あらゆる分野でのデザイン活動を行なっている。1987年よりCassinaとの揚力関係を結び、1989年にアサヒブラッスリービルディング(日本)の内装・家具から建築デザインにも携わるなど、建築家としての側面もある。近年はXiaomi(中国)のスマートフォンのデザインを手掛けるなど、世界でもその独創的な感性が注目されるデザイナーの一人。

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)