LANDING PAGE

ポルトローナフラウ(Poltrona Frau) Viola

イタリアを代表する老舗ブランド「ポルトローナフラウ」の歩み

一人掛けの椅子を意味するイタリア語「ポルトローナ」と、創業者であるレンツォ フラウのファミリーネームから名付けられた、イタリアを代表する世界最高峰のブランド『ポルトローナフラウ』。
1912年にトリノ(イタリア)で創業後、当時トリノに集まっていた王族の間で評判を高め、1926年にはイタリア王室の御用達ブランドに。
100年経っても色あせない造形力に卓越した職人の伝統と新しい技術を調和させ、イタリアの家具デザイン界に大きな影響を持つブランドとして君臨しています。

ポルトローナフラウのブランドを語るときには、洗練されたデザイン性だけでなく創業の原点となった「ペレフラウ」というレザーの存在も忘れてはなりません。
丁寧な職人技から生まれる、イタリアンカラーの美しい外観としなやかな手触りを持つレザーで仕上げられた椅子は、体をやさしく包み込むような極上の座り心地を演出してくれます。
現在、ポルトローナフラウの活躍の場は、巨匠建築家との住宅や商業施設での家具や内装コラボレーションだけではありません。
フェラーリやマセラッティ、ポルシェなどの高級車や航空機のファーストクラスのシート、プライベートジェットやヨットの内装にまで至ります。
また、Cassina(カッシーナ)やCappellini(カッペリーニ)などの人気家具ブランドをグループ傘下に収め、イタリアのみならず世界のハイエンドブランドのリーディングカンパニーとして唯一無二の存在感を誇ります。

世界のセレブリティの間で好まれるこのブランドには、『Vanity Fair』や『1919』のようなイタリアの伝統的な家具デザインを感じさせる「ヒストリカルデザイン」と、先進的なデザイナーとの積極的なコラボレーションによる「コンテンポラリーコレクション」の2つのラインがあります。

今回はコンテンポラリーコレクションより、『Viola』を紹介します。

革の名門「ポルトローナ・フラウ」が手掛ける最高級チェア「ヴィオラチェア」

ポルトローナ・フラウ(ポルトローナフラウとも。下記では「ポルトローナ・フラウ」の表記に統一)は数多くの家具を手掛けていて、そのなかのひとつにVIOLAチェア(ヴィオラチェア。「ヴィオラ」とも。以下では「ヴィオラチェア」の表記に統一)があります。

このヴィオラチェアについて知るためには、まずはポルトローナ・フラウというブランドの歴史と特徴を知ることが求められます。

ポルトローナ・フラウを語るうえで欠かすことのできない単語として、「ペレ・フラウ(「ペレフラウ」とも。下記では「ペレ・フラウ」の表記に統一)」があります。これは、柔らかさとしなやかさ、美しさの全てを併せ持つ最高級の牛革であり、非常に厳しい品質検査を経て初めて世に出回るものです。ポルトローナ・フラウの作り出す唯一無二のペレ・フラウは、だれもが知る高級車であるフェラーリや、一部の人のみが座ることを許されたプライベートジェット機のシートにも採用されています。

ペレ・フラウはポルトローナ・フラウによって作り上げられ、またポルトローナ・フラウを作り上げたものでもあります。

ただ、ポルトローナ・フラウの魅力はペレ・フラウにだけあるわけではありません。彼らは卓抜した加工技術もまた有しています。100年を超える歴史のなかで磨き上げられてきた職人技術と合わさって初めて、ペレ・フラウはその真価を発揮します。 そして、このような特徴を持った唯一無二のブランドが打ち出している最高級チェアが、「ヴィオラチェア」なのです。

香港の三ツ星レストラン用にと作られたヴィオラチェア

ヴィオラチェアをもっとも的確に、もっともわかりやすく説明するのであれば、「三ツ星レストランに採用されたイス」と表現するのが適当でしょう。

ヴィオラチェアは、もともとは店用のものとして開発されました。世界に名だたる香港の三ツ星レストランが、彼らの店に使うものとして、ポルトローナ・フラウのヴィオラチェアをデザインさせたのです。三ツ星レストランは、訪れるお客様の舌はもちろん、嗅覚や視覚、触感や感情までをもすべて満足させなければなりません。そのような空間づくりのための相棒として作り上げられたのが、このヴィオラチェアなのです。そしてその後ヴィオラチェアは、一般市場にも売り出されることになりました。

ヴィオラチェアの描き出すラインは、非常にクラシカルで古典的です。落ち着いたたたずまいを持っており、どのような人にも嫌われないデザインになっています。しかしこれは「古臭いこと」とイコールではありません。一つひとつの部位が、現代的な雰囲気をもまとっているのです。古典的なデザインにコンテンポラリーな表現を差し色に入れたヴィオラチェアは、決して重すぎることなく、軽い雰囲気をもって空間によく調和します。このためヴィオラチェアは、「モダンとクラシカルの融合したイス」と称えられることがよくあります。
なおここではヴィオラチェアを、「テーブルと合わせるもの」「部屋と合わせるもの」として解説していますが、もちろん単品で使っても映えるイスです。

エレガントで上品な雰囲気をも有するヴィオラチェアは、しかしその美しさだけを賞賛されるべきイスではありません。
ポルトローナ・フラウらしい「家具としての快適さ」という柱をもしっかりと持っているイスであることもまた、知っておかなければならないでしょう。

ヴィオラチェアの木製の背面は、ポルトローナ・フラウの技術によってなめされた革ひもを実に60本も使って作り上げられています。イントレチャート(レザーを手作業で編み上げる技術)によって作り上げられた背面は、デザイン性の高さと心地よさを演出します。

三ツ星レストランの食事は食べ始めから食べ終わりまでに3時間以上かかることも珍しくありませんが、ヴィオラチェアならばそのような長時間の使用に耐えます。長時間座っていても座り疲れすることなく人の体を受け止めてくれるヴィオラチェアは、ポルトローナ・フラウの職人技術によって生み出されたものです。彼らは、「重厚に見えるが、その実、軽く扱いやすいイス」という「矛盾した」存在を完成させるためにさまざまな工夫をしています。その工夫はしばしば、「ヴィオラチェアは、ヴィオラチェアを作り出したデザイナーの持ちうるすべての技術を惜しみなく開示した作品である」と評されています。

ほかのあらゆるすばらしいイスがそうであるように、ヴィオラチェアもまた、そのデザイン性の高さと座り心地の良さによって、「時代を超えるイス」と評価されているのです。

ヴィオラチェアを手掛けるエービーコンセプト

ヴィオラチェアは、AB Concept(エービーコンセプト。以下カタカナ表記)がポルトローナ・フラウのために出したデザインを元にして作りあげたものです。
彼らはヴィオラチェアを「軽く、重厚で、クラシカルでありながら新しいイス」という相反する魅力を持つ唯一無二の作品にしようとして尽力しました。

エービーコンセプトが持てる技術のすべてを駆使して生み出したとされるヴィオラチェアは、その快適さと美しさで今日も人々を魅了しています。

商品詳細 / 問い合わせ

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)