ligneroset

ROSETL’IMPREVU

3180
3180

別途送料がかかります。お届け先により送料が異なりますので、お問合せ下さい。
カウチとパフの2アイテムを組み合わせてさまざまなレイアウトが可能な個性的で機能的なソファです。快適さと、マルチファンクションをテーマにデザインされたこのソファは同じサイズの、カウチを2台組み合わせ3カ所に取り付けられた背もたれを取り外し、シーツをかぶせるとQサイズのベッドとしても使用できます。また、個性的なシェイプは、座面に足を上げてリラックスできるほど深く座れるスペースと、浅く座れるスペースを作り出しています。感覚的な快適さだけではなく、部屋にレイアウトした時の視覚的な快適性も重視し、背もたれ、座面ベース、2つの背クッション、計4つの生地と色を組み合わせてカスタマイズできます。

カウチ:US3583
背:RI-730
コーナークッション:EJ-784
背クッションS:RK-766

商品コード:3180
※表記価格は一番お手頃な仕様での参考価格です。
※仕様により価格は変動しますのでご注意ください。

WEB特価/お問い合わせください

在庫状態 : 在庫有り

数量  

お問い合わせ

ブランド

リーンロゼ(ligneroset)

カテゴリ

ソファ

サイズ

W217 × D94/65 × H87 × SH39

材質

ウッドボディ、ウレタンフォーム、ポケットコイル

納期

注文後1-2週間

1860年にフランスのリヨンで創業されたリーン・ロゼ(ligne roset)。
「リーン(ligne)」は「コレクション」を意味し「ロゼ(roset)」は創業者の名前です。
長年に渡りブナ材を使用した椅子や家具の制作を行っていましたが、1965年のロゼ社設立以降は、コンテンポラリー製品の本格製造に乗り出し、多くのデザイナーとコラボレーションしています。
また、1968年にはそれまでの「ソファ」の概念を覆すオールウレタン構造のソファを開発。
5年後の1973年にリーン・ロゼの代表作ともいえるソファ「ロゼトーゴ(ROSETTOGO)ソファ」が誕生しました。
その後のリーン・ロゼの躍進は目覚ましく、瞬く間に世界的インテリアブランドへと成長。
現在においても未だに急成長し続けています。

    お問い合わせ項目