LANDING PAGE

カッシーナ LC5ソファ

イタリア家具の伝統から未来へ。インテリア界を革新する名門カッシーナ

上質なインテリアは、毎日使うものだからこそ、心豊かな生活、充実した人生を楽しむライフスタイルにつながります。より良い暮らしにこだわる人々に愛されるイタリア家具の中でも、憧れの的は圧倒的なブランド力を誇るカッシーナのインテリアです。

17世紀に北イタリア・ミラノ近郊のメーダにて誕生したカッシーナは、教会の木製椅子などを製造する家具メーカーでした。1927年にチェーザレ・カッシーナとウンベルト・カッシーナの兄弟が、「カッシーナS.p.A」として正式に会社として創業。当初は家具職人による手工業的な生産を行っていました。
第二次世界大戦後の産業化に伴って、カッシーナは外部デザイナーとのコラボレーションを開始。チェア・テーブル・ベッドなど多様な家具を生産するようになりました。
1950年代には、豪華客船・高級ホテル・レストランの内装などを手掛けました。モダン・ファーニチャーの分野に進出して、技術力を確立した名門となったのです。
カッシーナの多くの製品が高い評価を受け、世界中の有名な美術館にコレクションされています。また、イタリアの優れた工業デザインに贈られるコンパッソ・ドーロ賞も受賞しています。

カッシーナは柱となる「イ・マエストリ」と「コンテンポラリー」の2大コレクションを展開しています。
「イ・マエストリ」は、イタリア語で「巨匠たち」を意味し、20世紀初頭のモダニズムの名匠と讃えられる著名デザイナーたちの作品を復刻したシリーズです。
ル・コルビュジエをはじめ、バウハウス、ヘリット・リートフェルト、フランク・ロイド・ライト、チャールズ・レニー・マッキントッシュなどの著名なデザイナーたちの才能を反映し、コラボレーションしています。

イ・マエストリを代表する「LCシリーズ」は、ル・コルビュジエを中心とするチームがデザインした、4種の家具が1964年に復刻されたことが始まりです。
ル・コルビュジエの頭文字にちなんだこのシリーズは、LC1~LC4のインテリア製品が含まれ、本革とスティールパイプで構成されています。
LC1は自由な可動式の背がフィットするスリングチェア、LC2はミニマムで快適なソファ・オットマン、LC3は余裕のあるロータイプのアームチェア、LC4はスタイリッシュで寝心地の良いデッキチェア、LC5はシンプルかつ使い勝手の良いデイベッドソファとなります。

ル・コルビュジェ幻のソファをカッシーナが実現した「LC5ソファ」

LC5ソファは、1934年に近代建築の巨匠ル・コルビュジェがパリの住居用にデザインした1点もののソファです。
3つの背クッションを後ろに回転させるとデイベッドになる機能性の高さで、機能主義として知られるル・コルビュジェの姿勢を反映した傑作と評されました。
オリジナルのLC5ソファはラ・ロッシュ邸に収められている1台しか存在しないため、「永久欠番」「幻のソファ」ともいわれています。

カッシーナがル・コルビュジェのLC5ソファを最初に再編集した「LC5.F」は、オリジナルと同じようにソファがデイベッドに変化する2WAY仕様でした。
それに対して、「カッシーナLC5ソファ」はオリジナルデザインを踏襲した新たなソファとして誕生。
現代的で軽快なデザインながら重厚感もある絶妙な佇まいは、世界中のインテリアファンを魅了してやみません。

デイベッドの心地よさを継承した幅広仕様

カッシーナLC5ソファは1730mmの2人掛けと、2550mmの3人掛けの2サイズ展開です。
お部屋のサイズやソファでの過ごし方に合わせて、ピッタリのサイズを選択可能。
また、2人掛けと3人掛けではクッション数が変わり、同じデザインながらそれぞれ異なる雰囲気をお楽しみいただけます。

もともと、LC5ソファはデイベッドソファとしてデザインされたため、カッシーナLC5ソファも奥行き780mmと幅広仕様です。
ゆったり深く腰掛けられるうえゴロンと横になっても心地よく、余裕を持ってシートに体を収められます。
くつろぎの姿勢を選ばない汎用性の高さで座り疲れしづらく、ソファで過ごす時間が長い方におすすめです。

座面高は450mmと、一般的なダイニングチェアとほぼ同じ高さ。
高さがあるぶん立ち座りしやすく、足腰への負担軽減にも役立ちます。
全体の高さは730mmと、座面が高い仕様ながら圧迫感がなく視界を遮りません。
日本の住空間とも調和性が高く、空間をすっきり広く見せてくれます。

ポリウレタンとフェザーが織りなす極上の座り心地

ポリウレタンとフェザーを組み合わせた肉厚のクッションは、弾性とやわらかさのバランスが絶妙。ふっかりとソフトな質感ながら体が沈み込みにくく、安定感のある座り心地を叶えます。

すべてのクッションはスチールフレームの内側に収められているためズレにくく、美しい状態を手軽にキープできるのも嬉しいポイントです。

背面まで美しく空間の中央にも堂々と設置できる

どっしりとした存在感がありながら全体的に軽やかな印象なのは、計算されつくした繊細なスチールフレームによるもの。
アームレスなうえ脚部がほっそり長く、まるでクッションが宙に浮いているかのような軽快さを演出します。
背クッションはフレームのベース部分にまで続き、背面に至るまで非常にスタイリッシュで見応えがあります。お部屋の中心に配しても360度美しく、リビングはもちろん応接間やオフィスなど設置場所を選びません。

自分好みのカラーで仕上げられるこだわりのソファ

張地は11色のレザーと、カラー展開豊富なファブリックをご用意しています。
フレームカラーはメタリックなクロームメッキをはじめ、シックなブラックからやわらかなペールトーンまで全8色展開。
フレームカラーを選択できるソファは珍しく、自由自在に色合わせをお楽しみいただけます。
張地とフレームカラーの組み合わせ方によって、印象が大きく変化するのもLC5ソファならではの魅力です。

インテリアテイストや好みにマッチしたオリジナルソファに仕上げられるため、カラーリングにこだわりのある方にもご満足いただけるでしょう。
実用性とデザイン性を両立したカッシーナLC5ソファは、一生モノの家具として長く愛用していただけます。

デザイナー ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン

機能美を極めた建築界の天才として、AIAゴールドメダルやレジオンドヌール勲章に輝くル・コルビジエ。
専門的な建築知識のキーパーソンであり、技術面でル・コルビジエを支えた建築家ピエール・ジャンヌレ。
テキスタイルの美的感覚に加え、人への快適さを工夫したインテリアデザイナーのシャルロット・ペリア。

LC4は、この3人のマエストロの素晴らしいチームワークから生み出されました。

モダニズム建築の巨匠ル・コルビュジエは、重要なパートナーである従弟のピエール・ジャンヌレと一緒に、1922年にパリのセーヴル通りにある新しいアトリエで専門的な活動を開始しました。
彼は設計の研究と基準を共有する相手とともに、深く永続的な理解を持ち、生涯を通じて支えました。
1927年10月に、彼らは現代の実用建築シーンにすでに存在していた若い建築家シャルロット・ペリアンの貢献を得ることを決定しました。

LC4シェーズ・ロングが誕生する背景には、芸術と機能性を調和させるル・コルビュジエの豊かな才能、ディテールの達人とも呼ばれたピエール・ジャンヌレの高度な知性とあわせて、シャルロット・ぺリアンの優秀なセンスも大きな推進力でした。
彼女はファブリックとクッションを完成させ、パリのアトリエで最初の原型となるプロトタイプを制作しました。

1937年まで続く彼らのコラボレーションでは、特に家具の創作に関して非常に実り多いものとなり、パートナーシップは彼らの確立した文化的重要性と専門家としての功績の両方に、大いに有益になりました。

シャルロット・ペリアンと二人が、「住宅とインテリアは暮らすための機械」という先進的な課題に協力して取り組み、ビジネスレベルでの有意義な結果を生み出したことは、正解でした。
さらに、カッシーナの生産面での貢献によって推進が行われており、コンセプトの領域と達成される品質の両方に関心が保たれ、コレクションに含まれる各作品に対する期待はますます高まっています。

商品詳細 / 問い合わせ

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)