LANDING PAGE

カッシーナ LEBEAU WOOD TABLE

イタリア家具の伝統から未来へ。インテリア界を革新する名門カッシーナ

上質なインテリアは、毎日使うものだからこそ、心豊かな生活、充実した人生を楽しむライフスタイルにつながります。より良い暮らしにこだわる人々に愛されるイタリア家具の中でも、憧れの的は圧倒的なブランド力を誇るカッシーナのインテリアです。

17世紀に北イタリア・ミラノ近郊のメーダにて誕生したカッシーナは、教会の木製椅子などを製造する家具メーカーでした。1927年にチェーザレ・カッシーナとウンベルト・カッシーナの兄弟が、「カッシーナS.p.A」として正式に会社として創業。当初は家具職人による手工業的な生産を行っていました。
第二次世界大戦後の産業化に伴って、カッシーナは外部デザイナーとのコラボレーションを開始。チェア・テーブル・ベッドなど多様な家具を生産するようになりました。
1950年代には、豪華客船・高級ホテル・レストランの内装などを手掛けました。モダン・ファーニチャーの分野に進出して、技術力を確立した名門となったのです。
カッシーナの多くの製品が高い評価を受け、世界中の有名な美術館にコレクションされています。また、イタリアの優れた工業デザインに贈られるコンパッソ・ドーロ賞も受賞しています。

カッシーナは柱となる「イ・マエストリ」と「コンテンポラリー」の2大コレクションを展開しています。
「イ・マエストリ」は、イタリア語で「巨匠たち」を意味し、20世紀初頭のモダニズムの名匠と讃えられる著名デザイナーたちの作品を復刻したシリーズです。
ル・コルビュジエをはじめ、バウハウス、ヘリット・リートフェルト、フランク・ロイド・ライト、チャールズ・レニー・マッキントッシュなどの著名なデザイナーたちの才能を反映し、コラボレーションしています。

ルボーウッドテーブル、それは
光を宿し影までをも美しく見せる木工芸術品

高級ファニチャーブランドに興味を持つ人であれば、必ず一度は耳にするブランド、それが「Cassina(カッシーナ。以下、カタカナ表記)」です。
カッシーナは、木製のイスなどを手掛けていた会社を基礎として立ち上げられたブランドであり、成長するに従いモダンファンチャーを取り扱うようになったブランドでもあります。

カッシーナを語るうえで非常に重要になるこの「木製(の家具)」と「モダンファニチャー」の概念を、高いレベルで融合させたものとして、今回取り上げる「LEBEAU WOOD TABLE。(ルボーウッドテーブル。以下カタカナ表記)」があります。

ルボーウッドテーブルは、非常にモダンなデザインをしています。22本の無垢材を等間隔に配し、鼓を縦に置いたようなかたちを作っています。
トップにはクリアガラスやアッシュ材(木材の一種。広葉樹などがよく用いられる)を採用しています。

ルボーウッドテーブルは、しばしば、「影をも芸術品にさせる家具である」と評されます。
この言葉の意味は、太陽光がさんさんと降り注ぐ日にカーテンを開けて、ルボーウッドテーブルに太陽光を当てることで理解することができます。

ルボーウッドテーブルをかたちづくっている22本の無垢材の隙間に太陽光が入り込み、それが床面に影を作ります。
光がルボーウッドテーブルを通ることで、美しい影が床のキャンバスに描き出されるのです。
この影の美しさは、ルボーウッドテーブルでしか作り得ないものです。
高級家具はそのほとんどが、実用性とともに高い芸術性を持ち得ます。
それはある意味では「そう珍しくないこと」だといえます。
しかしルボーウッドテーブルの場合は、テーブル自体はもちろん、そのテーブルが作り出す影さえも美しいきらめきを持つという特徴があるわけです。

カッシーナだからこそ作り出せる美しさ

すでに述べた通り、カッシーナはもともとは木製のイスを手掛けていたブランドです。

そのため、木材の使い方が非常に巧みなブランドでもあります。

ルボーウッドテーブルは、自然の木の形状を残しつつも高い木材加工技術で加工していくというスタイルを以て作り上げられています。自然が作り出す造形美と、それをさらに美しく見せるための加工技術が合わさって作り上げたのが、このルボーウッドテーブルなのです。

こだわり抜いて作られたルボーウッドテーブルは、リビングの主役となりうる一品です。光がよく当たるところに置いておくと、その影の美しさもよく堪能できることでしょう。

また、「木材」という私たちにもっとも身近な素材で作られているからか主役になるものであるにも関わらず、さまざまな素材と一致する」という特徴を持っています。このため、意外なほどにどのような部屋にもよくマッチします。

ちなみにこのルボーウッドテーブルは、2003年にデザインが描き出されたものです。それから20年ほども経とうとする現在においても販売が続けられています。これはルボーウッドテーブルが多くの人に長く愛されてきたことの証左ともいえるでしょう。 ※本原稿は2022年4月末日に作成しています。

パトリック・ジュアン~名門レストランの内装デザインをも手掛けた

ここからは、ルボーウッドテーブルを手掛けたデザイナー、Patrick Jouin(パトリック・ジュアン。以下カタカナ表記)について取り上げていきます。

カッシーナ自体はイタリアのファニチャーブランドですが、彼らは国内外の数多くの著名デザイナーとコラボレーションしています。
デザイナーのセンスや発想を生かした家具作りはカッシーナの得意とするところで、パトリック・ジュアンもまたそんなカッシーナに好まれたデザイナーだといえます。
なお、パトリック・ジュアンはフランスのデザイナーであり、卒業した高等学校もフランスのパリにありました。

パトリック・ジュアンは1967年に生まれましたが、1998に独立します。
家具のデザインやインテリアのデザインを数多くこなしてきましたが、そのなかでも、ミシュランで三ツ星を獲得したアラン・デュカスのインテリアを手掛けた実績は特筆すべきものだといえます。

彼は、パリにおいて公共デザインも数多く手がけています。
またその発想は、これまで脈々と受け継がれてきた伝統工芸品などにも依っているとされています。
「温故知新」という考え方を自らのデザインに落とし込むことを得意としている彼は、今フランスにおいてもっとも注目されているデザイナーのうちの1人だといえるでしょう。

 

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)


    関連記事一覧