LANDING PAGE

ポラダ ANXIEチェア

木への愛から生まれた世界で最も美しい木製家具「ポラダ」

ポラダの前身であるアリエヴィ・ルイジ・アフィーレ社は、1948年に北イタリア・ブリアンツァ地方の小さな工房で創業しました。
小さな工房であった理由は、もともと創業者が農業を営む傍ら家具作りをしていたためです。
金属やガラスの加工に必要な大きな設備を持てなかったことで、木という素材の美しさや特性を最大限に生かす家具作りに集中することとなりました。
やがてその小さな工房から生み出される美しい木製家具の評判は高まり、1969年に創業者と彼の息子たち4人でポラダ社を設立するに至ったのです。

ポラダの木製家具の多くは「自然界にも人体にも直線はない」という考えのもと、木という素材だからこそできる優雅な曲線美や質感が存分に表現されています。
早くから家具デザインに対する評価を重視しており、1961年に始まった世界最大のデザインイベントである『ミラノ・サローネ』にも1964年から現在まで50年以上も連続出展。
今では「世界で最も美しい木製家具」を生み出す歴史あるブランドとして認知されています。

そのデザイン性を象徴する作品として、1930年代のハリウッドを一世風靡した女優のトレードマークである巻髪から着想した、円い木の肘掛けデザインが特徴の『ガルボチェア』があります。
サーフボードを象った「SURF1 MIRROR」も代表的な作品で、大きな楕円の木製フレームがデザインのアクセントになっています。
国際的なデザイナーのみならず地元の才能あふれるデザイナーとのコラボレーションから生み出される木製家具は、大胆なデザインの中にも木のやさしい質感が加えられ、誰が見てもポラダの家具だと分かるほどです。

また、ポラダがイタリアの家具業界において揺るぎない地位を確立することとなったのは、木のことを知り尽くした独自のデザイン性や、高い技術を持つ木製家具職人である「マエストロ」の存在だけによるものではありません。
木製家具のトップブランドとしての矜持は、家具に使われる良質な木材の生育・生産管理にまで及びます。
さらに計画植林により持続可能な環境作りにも貢献している、今の時代にふさわしい木製家具のトップブランドなのです。
今回はポラダの中でも最高位のデザイン性と技術レベルにあり、芸術品とも評される『ANXIE』を紹介します。

ポラダにしかできない美しい木の造形『ANXIE』

ポラダの定番であり「世界で最も美しい木製家具」といわれるブランドの特徴を、余すことなく感じさせてくれるのが『ANXIE』です。
私たちにとっていちばん身近な自然素材である木を用いて、ラグジュアリーな曲線美と座り心地を実現しています。
まず『ANXIE』のファブリック素材の座面と木製の脚部は、まるで一体化したかのような美しい曲線美を描きます。
木の美しさを引き出すポラダ独自のデザインに目を奪われがちですが、座面のクッション性は程よく曲線が身体にフィットすることから、長時間座っていても疲れることはありません。

そして、脚部に使われる厳選された木材は、フランス中央部にある「ポラダの森」と呼ばれるおよそ3000haもある森林から産出されたものです。
ポラダは美しい木製家具にふさわしい、厚みがあり節の少ない良質な木材の生育・生産管理を自ら行なっています。
『ANXIE』にはポラダの森から濃茶色でモダンな印象のあるウォルナットや、明るい色合いでインテリアに溶け込むクルミ、少し赤みがかった手触りの良いチェリー材が使われています。

また、木製の脚部をじっくり見ると、曲線を造形するために繊細に組み合わされた職人技術の高さに目を見張ります。
マエストロたちの丁寧な手仕事は細部にまで行き渡り、木の滑らかでやさしい手触りが感じられます。
年月が経つにつれ風合いも増すだけでなく、ファブリックが施された座面同様、メンテナンスをすることで永く使い続けることができます。

木を深く愛するブランドだからできる、木の魅力を最大限に生かしたポラダの『ANXIE』。
レトロな雰囲気のあるテーブルとの組み合わせやガラス天板のテーブルとの相性も良く、ゆったり過ごす空間をラグジュアリーに演出してくれることに違いありません。

さまざまな顔を持つM.マルコナート&T.ザッパのデザイン

『ANXIE』のデザインを担当したのは、イタリアのM.マルコナート&T.ザッパ。
2人は1980年の初頭から数々のプロジェクトでプロダクトデザイナーとして携わっており、1986年に共にミラノ工科大学(イタリア)で建築学を優秀な成績で収めた後、さらにその活動の場を広げています。デザインのみならず、制作やプレゼンテーションから企業イメージに至るまで一貫してコーディネートするのが彼らのスタイルです。ポラダ以外の有名ブランドとのコラボレーションも多く、イタリア内外で住宅やオフィス、展示場や店舗などのインテリアデザイナーとしても活躍中です。

イタリアや世界を広く旅する中で情熱を育み、出会った文化や生活様式からインスピレーションを得る。ビデオや写真、ストリートアートまで手掛ける、インテリアデザインに留まらない2人の多彩な才能から『ANXIE』は生まれました。

商品詳細 / 問い合わせ

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)