LANDING PAGE

チェコッティ・コレツィオーニ BANDEJA

家具業界で圧倒的な存在感を見せる孤高のブランド
「チェコッティ・コレツィオーニ」

チェコッティ・コレツィオーニが手掛ける木製家具は、その独特なデザイン性もさることながら無垢材のつなぎ目が分からないほどの美しい仕上がりに見られる、卓越したクラフトマンシップにも目を見張るものがあります。長い時間を要する無垢材の生産や加工に精通し、直感や感性を重んじるデザイン性と少数精鋭の職人に代々継承されてきた熟練した技術。チェコッティ・コレツィオーニの持つ木製家具ブランドとしての総合力の高さは、他ブランドの追随を許すことはありません。

チェコッティ・コレツィオーニの歴史は1956年にカッシーナ(イタリア)で、アヴィエロ・チェコッティにより設立された小さな家具製作工房から始まりました。水の都フィレンツェと斜塔が有名なピサの間の小さな町であるカッシーナから、国際的に高く評価される美しい木製家具が現代に至るまで次々と生み出されています。

設立当初は個人邸の注文家具を手がけていたチェコッティ・コレツィオーニですが、品質の良く美しい無垢材の家具の評判とアヴィエロ・チェコッティの誠実で親しみやすい人柄が相まって、徐々にイタリア国内での人気を高めることとなりました。

顧客層はやがて企業のオフィスや公共施設などへと広がりを見せ、イタリアやヨーロッパのみならず世界の最上級ホテルとのコラボレーションで次々と実績を重ねていきます。同時に、デザイナーや大工を多く輩出する地元の名門美術学校で養成された家具職人を、自社で熟練工として育て上げることにも注力しブランドの地力を高めていきます。

そして家具に使われる無垢材と同様、長い年月を重ねて着実にブランドポリシーを熟成させたチェコッティ・コレツィオーニは、1988年にフランコ・チェコッティの代で大きな躍進を遂げることとなります。

この年にデザイナーのロベルト・ラッツェローニ(イタリア)との協業でミラノサローネに初出展した自社コレクションが、モダンデザインに席巻されていた多くのデザインとは一線を画したコレクションとして大きな注目を浴びることに。その時代を感じさせない独自のデザイン性と卓越した技術で、無垢材を知り尽くした唯一無二のブランドとして、より広く世界に認知されることになり現代に至ります。

今回は、そんな木製家具ブランドの孤高の存在であるチェコッティ・コレツィオーニより、独自の美しい楕円形のフォルムが印象的な『BANDEJA(バンデジャ)』を紹介します。
取り扱いの難しい無垢材を圧倒的なディテールでまとめ上げた『BANDEJA』は、ハイブランドのモダンな家具とも調和する美しい造形美が魅力です。

無垢材の美しさと可能性を存分に引き出した『BANDEJA』

「チェコッティらしい」と表現される、ユニーク且つ無垢材の特性を最大限に引き出すデザインがこの『BANDEJA』にも引き継がれています。
『BANDEJA』は、チェコッティ・コレツィオーニの大躍進の原動力の1つとなった、ロベルト・ラッツェローニ(イタリア)によるデザインから生まれた上質なモダンインテリアにふさわしいキャビネットです。

美術品のような存在感と高い収納力

チェコッティ・コレツィオーニ独自のトレンドを追わない、時代に左右されない独創的なデザインである『BANDEJA』。1120㎝の高さに7つのドロアー(引き出し)を持ち、まるで美術品のような楕円のフォルムに実用的で高い収納力を秘めています。

無垢材だけで作られているようには見えない『BANDEJA』の美しく滑らかな曲線は、厳選された最高等級のアメリカンウォルナットから削り出された多くの部材から形成されています。モダン家具が先行した時代にも守り続けられた直感とオリジナリティを大事にした秀逸なデザインに、無垢材の家具ならではの滑らかな手触りや温かみも感じることができます。

歳月をかけて熟成された材料とクラフトマンシップ

チェコッティ・コレツィオーニの愛用者は「1度手にしたら、他にある家具とのディテールやクウォリティの違いを実感してしまう」といいます。

受注生産を原則としているチェコッティ・コレツィオーニでは、木目や癖が異なる個々の素材を見極めながら工程を進めていきます。木材の生育から加工するまでの管理には長い歳月をかけ、厳選された無垢材のみを採用。家具に変身した後も無垢材は生き続けているので、完成後も動かないよう各工程の終わりに材料を落ち着かせるための数週間のインターバルを置きます。

また『BANDEJA』のデザインはほぼ曲線で、無垢材の塊から1つずつ細かな部材を削り出し、何時間もかけてサンディングを繰り返します。木目が美しいだけでなくつなぎ目がまったく分からないほどの滑らかな手触りは、多くの木製家具に触れ合ってきたプロにも感動を与えるほどの仕上がりです。

半年以上の時間をかけて丁寧で緻密な仕事を繰り返し施され、ようやく完成する『BANDEJA』。時代に左右されず少数精鋭の職人たちで無垢材の家具を作り続けてきた、チェコッティ・コレツィオーニの真骨頂を随所に見ることができる作品の一つです。

『BANDEJA』は4つの異なる色彩で仕上げられており、インテリアの雰囲気に合わせてコーディネートをする楽しみもあります。

『BANDEJA』のアメリカンウォルナット材の素地の色をそのまま楽しむ「ナチュラル塗装仕上」、素地より少しトーンを抑えて家具全体の統一感を高める「ダーク色染色塗装仕上」。マットな仕上がりでモノトーンな風合いに合う「ブラウン染色塗装仕上」の他に、深みのある茶系でモダンインテリアと合わせやすい「モカ色染色塗装仕上」からお選びください。

また、チェコッティ・コレツィオーニのコレクションの中には視座の低い『AINDA』もあり、『BANDEJA』と同じく美しい楕円のフォルムの佇まいで寝室や個室をより上質な雰囲気に演出してくれます。 無垢材では実現の難しい美しく繊細なフォルムを、熟練の家具職人たちが半年以上かけて仕上げるチェコッティ・コレツィオーニの家具。工業製品とは一線を画す品位が感じられ、何代も永く継承されていくべき価値があることは間違いありません。

豊富な経験から生まれる芸術性の高いデザイン-Roberto Lazzeroni

ロベルト・ラッツェローニ(Roberto Lazzeroni /1950〜)

1950年にピサ(イタリア)で生まれ、フィレンツェ(イタリア)でアートと建築を学ぶ。
前衛的なアートやデザインの影響を受けながらインテリアデザイナーとしてキャリアを歩み始めたが、やがて工業デザインの専門性を高めることに。
1988年より約20年の間、チェコッティ・コレツィオーニの立ち上げでメインデザイナーを務めたことが、彼の大きな転機となる。

高等級の無垢材を用い、時間をかけて作られるチェコッティ・コレツィオーニの家具。
彼はチェコッティ・コレツィオーニで1つの企業の誕生と発展に携わり、マーケティング型ではなく自分のイメージを大事にするデザインを作り上げていく。
以後、ポルトローナフラウの他、イタリア家具の最高峰ブランドの1つである『GIORGETTI(ジョルジェッティ)』やフェラーリのショールームなどのプロジェクトなどを次々と手掛け、現在でも生まれ育ったピサを拠点に幅広い分野で才能を発揮している。

商品詳細 / 問い合わせ

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)


    関連記事一覧