LANDING PAGE

ロルフベンツの魅力を探る

ロルフベンツは日本だけではなく、世界中で高い知名度・人気を誇る高貴溢れるブランドです。

リピーターが多いことで有名ですが、その秘密は「ロルフベンツ独自の座り心地の技術」。
この世界最高峰の技術に惚れ込んだユーザー達が、繰り返しロルフベンツを選ぶのです。
類い稀なコストパフォーマンスと称され、幅広い年齢層に支持されています。
見た目の派手さはありませんが、ドイツらしさが漂う質実剛健なブランドと言えます。

ROlfBenz(ロルフベンツ)とは

ロルフベンツは1964年ドイツで誕生し、世界で初めてコーナーソファーを生み出しました。それ以降、革新的なデザインと圧倒的な品質により、マーケットリーダーとして業界を牽引しています。デザイン面では、世界的にも有名なデザイナーとコラボレーションを行うことで、最新の流行を取り入れています。さらにそのデザインは単なる見た目だけにとどまらず、文化や風習などとも融合することで、非常に高いレベルで我々を常に驚かせ続けてきました。日本だけではなく、ドイツ・オーストラリア・アメリカなどでも、高い知名度・人気を誇る高貴溢れるブランドです。

ROlfBenz(ロルフベンツ)のソファの特徴

ロルフベンツのソファは「快適性」と「座り心地」が大きな強みです。独自のクッション構造を確立しており、生産される全てのソファで、「反発値」「沈み値」等がほぼ一定になるよう作られています。
これは、厳しい品質管理が行われている事により実現する偉業で、この値のばらつきが少ない事により、生産される全てのソファにおいて、腰を掛けた時、「快適性」と「座り心地」において、人々に安心感をもたらします。
また、この強みを生かすがために、細かいディテールにもこだわっています。

常に革新的だと評されるそのデザイン。強固なフレーム作りや椅子張り技術を代々受け継ぎながらも、最先端技術も取り入れ、その時代でニーズのあるライフスタイルに沿ったデザインを行ってきました。
2014年に発売した「ROLF BENZ 50」のデザインは、レッドドットデザイン賞、インテリアデザイン賞など、多数のデザイン受賞経験のある、Norbert Beck(ノベルト・ベック)によってデザインされ、「ノベルト・ベック × ロルフベンツ」のコラボレーションが実現しました。背もたれの無段階リクライニングが特徴で、その気分にあった角度に設定する事ができます。 快適性・心地だけではなく、「デザイン」にも力を入れ、どの観点からも弱点の無い確立されたブランド。それがロルフベンツです。

ユーザーはなぜロルフベンツを買うのか

ロルフベンツユーザが虜となりリピートしてしまう秘密。それは、「ロルフベンツ・シッティングテイスト」です。ロルフベンツ独自の座り心地の技術を意味し、この世界最高峰の技術に惚れ込んだユーザー達が、繰り返しロルフベンツを選ぶのです。
また、もう一つの理由としてあげられるのが、「多重クッション構造」です。
ロルフベンツが世界のトップブランドに押し上がった理由の1つとなる技術と言われています。「固さ・心地」の異なるクッション材を使用し、それらを多重構造に重ねる事により実現するこの座り心地は、決して他ブランドでは経験できないものなのです。

どういうシーンやユーザに好まれているか

類い稀なコストパフォーマンスと称されるロルフベンツは幅広い年齢層に支持され、モデルや俳優などの芸能人も愛用しています。発売から30年以上経っても未だ購入者が止まないロングセラーの6500は、背の高い家具が少なく、シンプルな構成のリビングに特に良くマッチするでしょう。見た目の派手さはありませんが、ドイツらしさが漂う質実剛健なソファと言えます。

6500 ソファは、1985 年の発売以来、世界中で支持されているモデルです。
長時間座っていても疲れにくいように高密度ウレタンフォームを何層にも組み合わせた独自の多層構造によるものです。
背を持ち上げることで頭部までしっかりサポートしてくれるハイバックとなる機能も備えており、それぞれのシチュエーションで最も快適な姿勢をとることが出来ます。体を優しく包み込む座り心地は、硬さの異なる高密度ウレタンフォームを何層にも組み合わせた独自の多層構造によるものです。

そのフォルムは非常に優雅で、美しいのが特徴です。
黒や灰色といった男性的な色をまとったソファであってもどこか柔らかさを感じさせてくれるものも多く、よく洗練された優美なラインを描きます。シンプルでありながらも存在感のあるソファは、どのような部屋とも親和性が高く非常に使いやすいことでしょう。ただシンプルながらもそれぞれのデザイナーの工夫を感じさせられるデザインのものも多く、ジッパーなどをソファの一部に組み込んだ商品も見られます。
なお、Cassina(カッシーナ)の商品はどれも「機能性」と「モダンなデザイン」が特徴ですが、イ・コンテンポラリー・コレクションの場合は特に「快適性」がよくその特徴として挙げられます。

6500 ソファは、サイズバリエーションがございます。
一番ご注文の多いサイズは 3 人掛け W226×D92×H75-87 ㎝です。
その他にも、2 人掛け W182×D92×H75-87 ㎝がございます。

また、革は「cat.70」「cat.90」「cat.36」「cat.38」「cat.40」「cat.42」「cat.44」の 7 カテゴリがあり、カテゴリごとに「値段」が変わります。各カテゴリの中でもグループが分かれており、グループごとに「革の種類」「革の仕上げ」が異なります。
どの革も「ナッパレザー」と呼ばれる柔らかく品質の良い革になります。革の仕上げの種類は「optima」「super」「elegance」の 3 種類になります。optima は最もポピュラーな仕上げになります。super はセミアニリン仕上げです。耐光性に優れ、柔らかで堅牢な品質を長期間保ちます。elegance は総アニリン仕上げです。非常に繊細な革に仕上がっており、革そのものの資質が味わえますが、手入れは大変です。価格に関しては「仕入れの値段」がそのまま反映されているので、一概にどの革が一番良いとは言えないようです。革の値段よりも「気に入った手触り」「生活様式にあった仕上げ方法」「手入れのしやすさ」等で選んで頂くのが良いように感じます。
日本では、比較的湿度が高いので「総アニリン仕上げ」は向いていないようです。
高級感を保ちつつ、手入れもしやすい「セミアニリン仕上げ」がおすすめです。

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)


    関連記事一覧