LANDING PAGE

Poltrona Frau(ポルトローナフラウ)Let It Beソファ

イタリアを代表する老舗ブランド「ポルトローナフラウ」の歩み

一人掛けの椅子を意味するイタリア語「ポルトローナ」と、創業者であるレンツォ フラウのファミリーネームから名付けられた、イタリアを代表する世界最高峰のブランド『ポルトローナフラウ』。
1912年にトリノ(イタリア)で創業後、当時トリノに集まっていた王族の間で評判を高め、1926年にはイタリア王室の御用達ブランドに。
100年経っても色あせない造形力に卓越した職人の伝統と新しい技術を調和させ、イタリアの家具デザイン界に大きな影響を持つブランドとして君臨しています。

ポルトローナフラウのブランドを語るときには、洗練されたデザイン性だけでなく創業の原点となった「ペレフラウ」というレザーの存在も忘れてはなりません。
丁寧な職人技から生まれる、イタリアンカラーの美しい外観としなやかな手触りを持つレザーで仕上げられた椅子は、体をやさしく包み込むような極上の座り心地を演出してくれます。
現在、ポルトローナフラウの活躍の場は、巨匠建築家との住宅や商業施設での家具や内装コラボレーションだけではありません。
フェラーリやマセラッティ、ポルシェなどの高級車や航空機のファーストクラスのシート、プライベートジェットやヨットの内装にまで至ります。
また、Cassina(カッシーナ)やCappellini(カッペリーニ)などの人気家具ブランドをグループ傘下に収め、イタリアのみならず世界のハイエンドブランドのリーディングカンパニーとして唯一無二の存在感を誇ります。

世界のセレブリティの間で好まれるこのブランドには、『Vanity Fair』や『1919』のようなイタリアの伝統的な家具デザインを感じさせる「ヒストリカルデザイン」と、先進的なデザイナーとの積極的なコラボレーションによる「コンテンポラリーコレクション」の2つのラインがあります。

リビングを極上のくつろぎ空間に演出する『Let it be』ソファ

ビートルズの名曲からアイデアを得たとされる『Let it be(日本語訳:ありのままに)』ソファ。
このソファには、普段の煩わしさから解放され、自分らしくいられる時間をゆったりと過ごすためのオプションがふんだんに揃っています。

古代ローマの「トリクリニウム」という裕福な家のダイニングルームにあった伝統的な家具を、インテリアデザイン界で華やかな経歴を持つルドヴィカ+ロベルト・パロンバが再解釈しました。

毎日の中で会話を楽しんだり、横になったり、食事を取ったりするためのソファをイメージしてデザインされた『Let it be』。厳選された素材を美しいステッチで縁取った気品のある外観に、レイアウトの自由度の高さと機能性が秘められており、リビングを極上のくつろぎ空間に演出する最高級ソファです。

『Let it be』の外観の優雅さはそのまま空間の大きさやインテリアの雰囲気に合わせて、現代の多様な生活スタイルに応じた自由なアレンジをお楽しみいただけます。

極上の座り心地をサポートするお好みの座面の奥行やクッション、サポーターなどの豊富なパーツは100種類以上をご用意。『Let it be』の洗練されたデザインにふさわしい肘掛けや収納の選択肢も多く、最高級ランクのソファの中でも特にカスタマイズ性に優れています。

クッション部のスタイリングに合わせて2種類の金属素材より選択できる脚部は、座面より少し奥まって配置されており、まるでソファが浮かんでいるかのように設計されています。素材だけでなく長さも選べるので、ご自宅のプライベート空間にふさわしいソファの高さにレイアウトできます。

張地は、ポルトローナフラウが原材料から加工までこだわり抜いた素材であり、いずれも約100種類のレザーやファブリックから、インテリアに合わせてお好みの質感のものをお選びください。クッションと脚部のフレームの張地を統一してシンプルに仕上げたり、別々の素材や配色でコントラストを楽しんだりすることもできます。

厳選された高品質な天然繊維を中心とするファブリックなら、自然な発色にやさしい手触りで落ち着きのあるインテリアに。一方、フェラーリやマセラッティなどのラグジュアリーブランドにも採用され『Pelle Frau®︎(ペレフラウ)』と呼ばれる最高品質のレザー素材なら、しなやかな手触りでイタリアンカラーの美しい発色を空間にもたらしてくれます。

自宅のプライベート空間で優雅なリラックスタイムを過ごすなら、世界のハイエンドブランドのポルトローナーフラウが「デザイン」「素材」「機能」「バリエーションの豊富さ」にこだわって完成させた『Let it be』をおすすめします。

豊富な経験から生まれる芸術性の高いデザイン

ルドヴィカ+ロベルト・パロンバと称される2人は、共にイタリアのローマ大学で建築を学び、1994年にミラノで設立されたTHE PALOMBA-SERAFINI STUDIOを主宰している。

ポルトローナフラウやカッペリーニなどの一流家具ブランドのインテリアデザインの他に、世界中の著名ブランドのプロダクトデザインや展示会のアートディレクションに至るまで幅広く手掛ける。

毎年、家具から水まわりのハイブランドまで多くの作品を継続して発表し続けており、枚挙にいとまがないほどの受賞歴を持つ。

社会と消費者ニーズに対する現代的ビジョンと、デザインの歴史的・文化的ルーツに対する幅広い知見を組み合わせ、過去と未来を融合させたデザインを生み出す。高い機能性だけでなく長持ちし親しみを感じられるデザインで、ロングセラーとして愛用し続けられているものが多い。

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)