LANDING PAGE

ポルトローナフラウ(Poltrona Frau) Martha

イタリアを代表する老舗ブランド「ポルトローナフラウ」の歩み

一人掛けの椅子を意味するイタリア語「ポルトローナ」と、創業者であるレンツォ フラウのファミリーネームから名付けられた、イタリアを代表する世界最高峰のブランド『ポルトローナフラウ』。
1912年にトリノ(イタリア)で創業後、当時トリノに集まっていた王族の間で評判を高め、1926年にはイタリア王室の御用達ブランドに。
100年経っても色あせない造形力に卓越した職人の伝統と新しい技術を調和させ、イタリアの家具デザイン界に大きな影響を持つブランドとして君臨しています。

ポルトローナフラウのブランドを語るときには、洗練されたデザイン性だけでなく創業の原点となった「ペレフラウ」というレザーの存在も忘れてはなりません。
丁寧な職人技から生まれる、イタリアンカラーの美しい外観としなやかな手触りを持つレザーで仕上げられた椅子は、体をやさしく包み込むような極上の座り心地を演出してくれます。
現在、ポルトローナフラウの活躍の場は、巨匠建築家との住宅や商業施設での家具や内装コラボレーションだけではありません。
フェラーリやマセラッティ、ポルシェなどの高級車や航空機のファーストクラスのシート、プライベートジェットやヨットの内装にまで至ります。
また、Cassina(カッシーナ)やCappellini(カッペリーニ)などの人気家具ブランドをグループ傘下に収め、イタリアのみならず世界のハイエンドブランドのリーディングカンパニーとして唯一無二の存在感を誇ります。

世界のセレブリティの間で好まれるこのブランドには、『Vanity Fair』や『1919』のようなイタリアの伝統的な家具デザインを感じさせる「ヒストリカルデザイン」と、先進的なデザイナーとの積極的なコラボレーションによる「コンテンポラリーコレクション」の2つのラインがあります。

今回はコンテンポラリーコレクションより、『Martha』を紹介します。

アームチェアMartha(マルタ)

花びらが開いたかのような、丸みのある優雅なシルエットが魅力のアームチェアMartha。
アームと座面が一体となった特徴的なシルエットのフレームに、ほどよい厚みの座面と背もたれをセットした一人掛けソファです。
フレームと背もたれの接合部分は表から見えないようデザインされ、まるでクッションが宙に浮いているかのような開放的な雰囲気を演出します。

ロッキングチェアMartha(マルタ)

湾曲した脚部が目を引く、遊び心あふれるロッキングチェアMartha。
2020年に発表されたばかりですが、心地よい揺れと丸みのあるかわいらしいフォルムで瞬く間に人気シリーズの一員となりました。
脚部のカーブによりアームチェアタイプよりもさらに軽快でリラクシーな雰囲気が漂い、インテリアのステキなアクセントに。
高さ75cmと一般的なロッキングチェアよりもコンパクトなサイズ感で、置き場所を選びません。
まるでゆりかごのようなゆらゆらと優しいスイングが、癒しの時間をもたらしてくれるでしょう。

サイズと仕様

Marthaは体を包み込むような座り心地の良さと、優れたデザイン性がバランスよく融合したソファです。 張地のラインナップも豊富で、異素材とのコンビネーションをお楽しみいただけます。

体が自然とフィットする絶妙なサイズ感

Martha座面は背中に向かってゆるやかに傾斜しているため、自然と寄りかかりやすく心地よく体を預けられます。
座面は高さ39cm、奥行き54cmと、小柄な女性が深く腰掛けても足が無理なく着地する絶妙なサイズ感です。
膝裏の当たりも柔らかく、座面も背もたれも沈み込みすぎない適度なパディングで、正しい姿勢で楽に座り続けられます。
身長を問わず立ち座りしやすいソファをお探しの方や、オットマンを使わなくても快適に過ごせるソファをお求めの方にもご満足いただけるでしょう。

張地の組み合わせ次第でオリジナルのソファを叶えられる

フレームの外側と内側で異なる素材を張り分けられるのも、Marthaならではの特徴です。
フレーム外側は、シックな6色のサドルレザーからお選びいただけます。
フレーム内側は3カテゴリ105色のペレフラウまたは、4カテゴリ15色のファブリックをご用意。
外側と内側の張地は熟練の職人によってすべて手作業で縫い合わされ、フレームに成形されます。
どの組み合わせでもエレガントにまとまるのは、素材も色合いも厳選されているからこそ。
繊細な手仕事が際立つ高度なスティッチは上品な存在感があり、異なる素材のコンビネーションを引き立てます。

また、座面および背もたれの張地もフレームと同じく、ペレ・フラウまたはファブリックから選択可能。
フレームと背もたれの間に設けられた空間により、総革張りでも蒸れにくく快適です。
伝統的な職人技を駆使して仕立てられるMarthaは、可憐なデザイン性と優れた実用性を両立する稀有なソファとして高く支持されています。

豊富な経験から生まれる芸術性の高いデザイン-Roberto Lazzeroni

ロベルト・ラッツェローニ(Roberto Lazzeroni /1950〜)

1950年にピサ(イタリア)で生まれ、フィレンツェ(イタリア)でアートと建築を学ぶ。
前衛的なアートやデザインの影響を受けながらインテリアデザイナーとしてキャリアを歩み始めたが、やがて工業デザインの専門性を高めることに。
1988年より約20年の間、チェコッティ・コレツィオーニの立ち上げでメインデザイナーを務めたことが、彼の大きな転機となる。

素材の動きがあり取り扱いの難しい最高等級の無垢材を用い、時間をかけて作られるチェコッティ・コレツィオーニの家具。
彼はチェコッティ・コレツィオーニで1つの企業の誕生と発展に携わり、マーケティング型ではなく自分のイメージを大事にするデザインを作り上げていく。
以後、ポルトローナフラウの他、イタリア家具の最高峰ブランドの1つである『GIORGETTI(ジョルジェッティ)』やフェラーリのショールームなどのプロジェクトなどを次々と手掛け、現在でも生まれ育ったピサを拠点に幅広い分野で才能を発揮している。

商品詳細 / 問い合わせ

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)


    関連記事一覧