LANDING PAGE

ポルトローナフラウ MONTERA STOOL

イタリアを代表する老舗ブランド「ポルトローナフラウ」の歩み

一人掛けの椅子を意味するイタリア語「ポルトローナ」と、創業者であるレンツォ フラウのファミリーネームから名付けられた、イタリアを代表する世界最高峰のブランド『ポルトローナフラウ』。
1912年にトリノ(イタリア)で創業後、当時トリノに集まっていた王族の間で評判を高め、1926年にはイタリア王室の御用達ブランドに。
100年経っても色あせない造形力に卓越した職人の伝統と新しい技術を調和させ、イタリアの家具デザイン界に大きな影響を持つブランドとして君臨しています。

ポルトローナフラウのブランドを語るときには、洗練されたデザイン性だけでなく創業の原点となった「ペレフラウ」というレザーの存在も忘れてはなりません。
丁寧な職人技から生まれる、イタリアンカラーの美しい外観としなやかな手触りを持つレザーで仕上げられた椅子は、体をやさしく包み込むような極上の座り心地を演出してくれます。
現在、ポルトローナフラウの活躍の場は、巨匠建築家との住宅や商業施設での家具や内装コラボレーションだけではありません。
フェラーリやマセラッティ、ポルシェなどの高級車や航空機のファーストクラスのシート、プライベートジェットやヨットの内装にまで至ります。
また、Cassina(カッシーナ)やCappellini(カッペリーニ)などの人気家具ブランドをグループ傘下に収め、イタリアのみならず世界のハイエンドブランドのリーディングカンパニーとして唯一無二の存在感を誇ります。

世界のセレブリティの間で好まれるこのブランドには、『Vanity Fair』や『1919』のようなイタリアの伝統的な家具デザインを感じさせる「ヒストリカルデザイン」と、先進的なデザイナーとの積極的なコラボレーションによる「コンテンポラリーコレクション」の2つのラインがあります。

今回はコンテンポラリーコレクション『MONTERAシリーズ』からSTOOLを紹介します。

艶やかな革と曲線美の快適なデュエット – モンテーラ・スツール

MONTERA(モンテーラ)は、スペイン語を語源とする「トラディショナルな闘牛士が被る帽子」を表す言葉です。独特の曲線で構成されたモンテーラ・スツールに似つかわしい、スタイリッシュな造形美を象徴するシリーズ名です。

モンテーラのデザインは、軽やかなカーブを描くフォルムと、魅力あふれる素材感が織りなすハーモニーが特徴です。コレクションのすべてのチェアとスツールには共通して、最高レベルの本革と、優秀な技術が光るカットやステッチなどの丁寧な仕上げが採用されています。

中でも独特なのは、内側に自然な革の起伏を留めるPelle Frau®(ペレ・フラウ)、外側になめし革のCuoio Saddle Extra(クオイオ・サドル・エクストラ)を使用した、個性の映えるカバー材です。クリーンカット加工された2種類のニュアンス豊かなレザーを組み合わせることで、互いの長所が引き立てられ、質感のコントラストを際立たせています。

「ペレ・フラウ」は、イタリアの伝統を誇るポルトローナ・フラウ社にふさわしい、絹のような柔らかさを持つ最高級の革です。しなやかな仔牛革の「銀面」と呼ばれる表面の部分をそのまま活かした上質なフルグレインレザーのみを厳選し、十分な手間をかけて加工を行い、厳格な品質検査を経て生まれます。「マルチポイント」と呼ばれる、きめ細かな凹凸感の存在が、天然皮革ならではの味わいを演出しており、耐久性と通気性に優れ、使い込むほどに美しい色艶を醸し出します。

「クオイオ・サドル・エクストラ」は、ポルトローナ・フラウ社の家具に使われる中で、最も堅く厚みのある高品質な革に、天然のタンニンによる植物素材でなめし加工を丹念に行い、形状・品質ともに安定性が高く丈夫です。最終仕上げは施されておらず、リアルレザーの証しともいえる不均一なトーンを表面に見ることができます。その優しい手触りはトスカーナのなめし革細工を思わせます。なめらかで心やすらぐタッチが、インテリアの上張りとして独特な温もりを与えます。

いずれの革素材も、天然アニリン染料で深みのある色調に染められ、年月とともに色合いや感触の移り変わりを楽しむことができます。

艶を帯びた革張りのボディ周縁には、メリハリの効いたステッチが小粋なクセントとなっています。背面に伸びる繊細なステッチは、心地よい笑顔を思わせる表情を描いています。カバー材に「ペレ・フラウ」だけを使用したバージョンもあり、こちらのステッチは同系色のトーンオントーンとなっています。

モンテーラ・シリーズのすべての製品のボディ内部は、カーブさせた成型ブナ材の積層合板で形成されています。ブナ材は硬度と弾力性に富み、湾曲したシルエットに適しています。また、木目方向が直交するように圧力をかけて貼り合わされており、歪みや反りが出にくく強度が高いことがメリットです。シートには、座り心地の良さを保つ柔軟なポリウレタンを使用しています。

このシリーズには、スリムな柱状ラインのカラム・ベース・スツール、高さ66cmと74㎝の2タイプのスツールが含まれています。

◆カラム・ベース・スツール:機能美の冴える昇降可能な1本脚スツール。上質な革に包まれた幅49cm×奥行42cmのコンパクトなボディ。スチール製フットレストも備えています。

◆スツールH66:幅47cm×奥行44cm×座面高66cmのシンプルでミニマムな4本脚スツール。本革カバーのボディ、2カラーから選べる木製の脚部に、同素材のフットレストが付属します。

◆スツールH74:幅47cm×奥行44cm×座面高74cmで、スマートな印象の4本脚スツール。H66と同じく本革カバーのボディ、木製の脚部・フットレストが落ち着いた品の良さを表します。

カラム・ベース・スツールは、クローム仕上げで光沢のあるスチール素材の支柱に、座面をしっかりと保つ4つのブラケットからなるクロスプレート、フットレスト、円形プレートで構成されています。クロスプレートはシェルをベースに固定されており、支柱の上部には堅牢なサドルレザーを使用することで、確かな安定感を実現しています。

スツールの座席は、モンテーラのシンボルとなっている美しい曲面の形状で、ゆったりとリラックスしたアームチェアのような趣です。バックシートは約32cmと低めにすっきりとデザインされ、2つの特徴的な長めのサイドウィングがゆるやかに広がり、包み込むようなアームレストを形成しています。フロントのスチール製フットレストには、ダイヤモンドをモチーフにしたローレット加工が刻まれています。

シートの下に配置された光沢のあるスチールレバーを操作すれば、ガススプリングにより座面高54cm〜79cmの調整が自由にできます。さらに360°回転も可能で、秀逸な高機能です。そして、スツール全体を支える円形のプレートには床を保護するフェルトパッドが付いており、フローリングやカーペットをダメージから守ります。

H66およびH74スツールの木製脚は、ダークブラウン系のウェンジ色またはライトブラウン系のモカ色のアッシュ材から選択でき、座面をしっかりホールドするブラック系ナイロン素材のスペーサーが付いています。

モンテーラ・スツールは、優美な曲線とスタイリッシュな機能美が、モダンな内装にも、ナチュラルな室内にもマッチします。バーカウンターやサロンの瀟洒なムードを高めるだけでなく、シリーズのチェアと組み合わせてダイニングやリビングに配置するのもお洒落です。時の流れとともに自然に変化する革のテクスチャーも楽しめて、長く愛用できる、価値のある椅子です。

豊富な経験から生まれる芸術性の高いデザイン-Roberto Lazzeroni

ロベルト・ラッツェローニ(Roberto Lazzeroni /1950〜)

1950年にピサ(イタリア)で生まれ、フィレンツェ(イタリア)でアートと建築を学ぶ。
前衛的なアートやデザインの影響を受けながらインテリアデザイナーとしてキャリアを歩み始めたが、やがて工業デザインの専門性を高めることに。
1988年より約20年の間、チェコッティ・コレツィオーニの立ち上げでメインデザイナーを務めたことが、彼の大きな転機となる。

高等級の無垢材を用い、時間をかけて作られるチェコッティ・コレツィオーニの家具。
彼はチェコッティ・コレツィオーニで1つの企業の誕生と発展に携わり、マーケティング型ではなく自分のイメージを大事にするデザインを作り上げていく。
以後、ポルトローナフラウの他、イタリア家具の最高峰ブランドの1つである『GIORGETTI(ジョルジェッティ)』やフェラーリのショールームなどのプロジェクトなどを次々と手掛け、現在でも生まれ育ったピサを拠点に幅広い分野で才能を発揮している。

 

 

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)


    関連記事一覧