LANDING PAGE

ポルトローナフラウ Ginger Aleチェア

イタリアを代表する老舗ブランド「ポルトローナフラウ」の歩み

一人掛けの椅子を意味するイタリア語「ポルトローナ」と、創業者であるレンツォ フラウのファミリーネームから名付けられた、イタリアを代表する世界最高峰のブランド『ポルトローナフラウ』。
1912年にトリノ(イタリア)で創業後、当時トリノに集まっていた王族の間で評判を高め、1926年にはイタリア王室の御用達ブランドに。
100年経っても色あせない造形力に卓越した職人の伝統と新しい技術を調和させ、イタリアの家具デザイン界に大きな影響を持つブランドとして君臨しています。

ポルトローナフラウのブランドを語るときには、洗練されたデザイン性だけでなく創業の原点となった「ペレフラウ」というレザーの存在も忘れてはなりません。
丁寧な職人技から生まれる、イタリアンカラーの美しい外観としなやかな手触りを持つレザーで仕上げられた椅子は、体をやさしく包み込むような極上の座り心地を演出してくれます。
現在、ポルトローナフラウの活躍の場は、巨匠建築家との住宅や商業施設での家具や内装コラボレーションだけではありません。
フェラーリやマセラッティ、ポルシェなどの高級車や航空機のファーストクラスのシート、プライベートジェットやヨットの内装にまで至ります。
また、Cassina(カッシーナ)やCappellini(カッペリーニ)などの人気家具ブランドをグループ傘下に収め、イタリアのみならず世界のハイエンドブランドのリーディングカンパニーとして唯一無二の存在感を誇ります。

世界のセレブリティの間で好まれるこのブランドには、『Vanity Fair』や『1919』のようなイタリアの伝統的な家具デザインを感じさせる「ヒストリカルデザイン」と、先進的なデザイナーとの積極的なコラボレーションによる「コンテンポラリーコレクション」の2つのラインがあります。

今回はコンテンポラリーコレクションより、『Ginger Aleオフィスチェア』を紹介します。

Ginger Aleオフィスチェア

ポルトローナフラウのアームチェアの中で最も人気の高い『Ginger』の発売10周年を記念して、新たに生み出された『Ginger Ale』。
レザー素材のシェルが印象的な『Ginger』の洗練されたデザインを、ロベルト・ラッツェローニ自らで再解釈しました。
あらゆる空間やニーズに応えることをデザインの目的とし、厳選された素材のコントラストが楽しめるシートと、機能や特徴の異なるベースとの豊富な組み合わせを実現しています。
『Ginger Ale』はポルトローナフラウの上品で洗練されたデザインと快適な座り心地を、気軽にオフィスやプライベート空間に取り入れることができるアームチェアです。

さまざまなシーンに使える洗練されたデザイン

『Ginger Ale』は、エグゼクティブのデスクや書斎では単独で使われ、会議室やダイニングのような人の集まる空間では複数がレイアウトされます。シートのシェルは外側に沿ったトップステッチで強化され、シンプルかつ洗練された雰囲気に仕上げられています。

また、張地は厳選されたレザーやファブリック素材から、インテリアや用途に合わせてお選びいただけます。
外装と内装を統一してシンプルに仕上げたり、別々の配色でコントラストを楽しんだりすることも可能です。
ポルトローナフラウが誇る『Pelle Frau®︎(ペレフラウ)』と呼ばれる最高品質のレザー素材は、フェラーリやマセラッティなどのラグジュアリーブランドにも採用されており、イタリアンカラーの美しい発色としなやかな手触りで格別な雰囲気を演出します。

用途に合わせたベース選びで快適性を高める

『Ginger Ale』はサイズ(W 630 x D 550 x H 790 mm / SH 450 mm)がコンパクトで、用途に合わせてベースを4種類から選択することができるのも特長の1つです。オフィスや自宅で過ごすシーンを想像しながら、シートやベースのコーディネートをお楽しみいただけるだけでなく、快適な座り心地をさらに高めてくれます。

・円錐脚付きのベース:モダンなダイニングなどに相性の良いシンプルな外観。

-プラスチック製先端、または向きの調整が可能なフェルトパッド付きプラスチック製先端より選択。

・キャスター付き5本スポークベース:スチール製の可動式ベースで、オフィス空間でのエグゼクティブのデスクや書斎にレイアウトしやすい。

-固定高で360°回転式バージョンか座面の高さを調節できるガス式スプリングバージョンより選択。

-キャスターのサポートは塗装仕上げバージョン/ブラックカラープラスチック製、クロム仕上げバージョン/クロム塗装仕上げ。

・ 4本スポーク式ベース:足元の角度に少し上品なニュアンスが加えられ、会議室やダイニングなどを上品にコーディネート。

-スチール製。フェルトパッド付きブラックプラスチック製の先端で、向きの調節が可能。

・円柱ベース:すっきりとした外観で、書斎や上品で洗練されたプライベート空間を演出する。

-固定タイプと回転タイプより選択。いずれも腰を掛けたり立ち上がったりする際に快適な、ショックアブソーバー機能とオートリターン機能を搭載。 いずれの金属ベースも、フランスの伝統的なダークグレー色である「アントラサイト」と、明るいトーンのグレー色である「セメント」塗装仕上げの2色をご用意。豊富なベースとシートとの組み合わせを、インテリアに合わせて選ぶ楽しみもあります。

人気作品から生まれたアイデアとデザインで、ポルトローナフラウの洗練された美しさと快適な座り心地を、より身近に感じさせてくれるのが『Ginger Ale』です。

豊富な経験から生まれる芸術性の高いデザイン-Roberto Lazzeroni

ロベルト・ラッツェローニ(Roberto Lazzeroni /1950〜)

1950年にピサ(イタリア)で生まれ、フィレンツェ(イタリア)でアートと建築を学ぶ。
前衛的なアートやデザインの影響を受けながらインテリアデザイナーとしてキャリアを歩み始めたが、やがて工業デザインの専門性を高めることに。
1988年より約20年の間、チェコッティ・コレツィオーニの立ち上げでメインデザイナーを務めたことが、彼の大きな転機となる。

素材の動きがあり取り扱いの難しい最高等級の無垢材を用い、時間をかけて作られるチェコッティ・コレツィオーニの家具。
彼はチェコッティ・コレツィオーニで1つの企業の誕生と発展に携わり、マーケティング型ではなく自分のイメージを大事にするデザインを作り上げていく。
以後、ポルトローナフラウの他、イタリア家具の最高峰ブランドの1つである『GIORGETTI(ジョルジェッティ)』やフェラーリのショールームなどのプロジェクトなどを次々と手掛け、現在でも生まれ育ったピサを拠点に幅広い分野で才能を発揮している。

 

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)