LANDING PAGE

Rolf Benz(ロルフベンツ) MERAソファ

ドイツ発・美しいデザイン性と高い機能性を兼ね揃えるロルフベンツ

ロルフベンツはドイツから世界に先駆け、1964年にコーナーソファというスタイルを生み出しました。
ロルフベンツが生み出すソファには、ドイツらしいクラフトマンシップによる質実剛健な雰囲気が漂い、洗練されたデザインと計算しつくされた座り心地の良さに定評があります。
欧米だけでなく日本やオーストラリアを筆頭に、世界50カ国以上の幅広い年齢層に愛されているブランドです。

ロルフベンツのソファの代表作として、ラグジュアリーな雰囲気を高めてくれるラウンジソファ『NUVOLA』や、あらゆる空間にフィットしてインテリア性を高めるコーナーソファ『VIDA』
その他にも、シャープなデザインと抜群の座り心地で時代を超えてロングセラーを続ける『6500』などがあります。
いずれも時代を反映したモダンで美しいデザイン性のみならず、インテリアに合わせてカスタマイズできる素材やレイアウトなどの自由度の高さも魅力です。
さまざまなスタイルの空間に溶け込む秀逸なデザイン性に独自の座り心地が加わり、住宅のみならずオフィスやホテルなどで多くのリピーターに支持されています。
また、ロルフベンツは自社基準が大変厳しいことでも知られており、家具は全てドイツの工場でひとつひとつ手作業により製造されています。
独自のクッション構造による快適な座り心地は、長年のノウハウや実績を基に最新の技術や情報を取り入れ、ソファのモデルごとに緻密に計算され作り上げられています。
今回はドイツ最高級家具のロルフベンツらしい優雅でシンプルな外観に、プライベート空間を楽しめる多くの機能性が隠されているソファ『MERA』をご紹介します。

ロルフベンツの優雅なデザインと機能性が集約された『MERA』

居住空間により贅沢さや多くの楽しみを求める現代において、少ないものからより多くを生み出すことのできるよう、クリエイティブに導き出された答えが『MERA』。

『MERA』は自分好みのスタイルに組み合わせたり可変したりすることができる、プライベート空間にレイアウトしやすいソファです。
ロルフベンツならではのシンプルかつ優雅なデザイン性を引き継ぎ、一見しただけでは多くの機能性が『MERA』に隠されていることに気付く人は少ないでしょう。
『MERA』の持つ豊富な機能性は、優雅で上品なインテリアのイメージを保ちながら心身ともにリラックスできる居住空間を作り上げてくれます。

豊富な機能性で自分好みのスタイルに

『MERA』の最大の魅力は背もたれや肘掛の位置を自分で調整し、暮らしの使用シーンに応じて快適なスタイルに変えられること。
例えば、足を伸ばしてリラックスしたい時には、肘掛を折りたたんで前方に回転することで「シューズロング」のスタイルに。
また、折りたたまれた背もたれを広げることで「ハイバックソファ」のスタイルにもなります。
ソファーのラグジュアリー感が増すだけでなく、しっかりと頭や背中を支えるので、読書をしたりホームシアターを視聴したりするのに最適なスタイルです。
背もたれは無段階でのリクライニングも可能で、使う人にとって最適なシートポジションを自分で見つけることができます。
コンパクトなプライベート空間にシングルソファとしてレイアウトしたり、リビングでくつろぐためのコーナーソファとして組み合わせたりなど、多彩なスタイルをお楽しみいただけます。

まるで浮かんでいるような極上の座り心地

『MERA』はコンパクトな本体に合わせて脚部も繊細な作りになっており、空間の中に浮かぶ島のようなフォルムを実現しています。
さらに、座面には特別柔らかく非常に軽いクッションが採用され、腰を掛けるとまるで浮かんでいるような居心地が体感できます。

この「極上の座り心地」を体感できるのは、ロルフベンツが「座る」「横たわる」「リラックスする」いかなる時でも快適性を感じられるよう、ソファのモデルごとに人間工学に基づいて緻密に計算しているからにほかなりません。

『MERA』の魅力を高めるオプション

ロルフベンツは、ドイツで持続可能な企業のみが取得できるエコ・レーベル「ブルーエンジェル」を保持しているため、ソファに使われる素材は使う人だけでなく環境にも負荷をかけない厳選されたものだけを採用。
ソファカバーは好みやインテリアに合わせて多彩なファブリックやレザーから、脚部についても色の濃さやツヤの有無など4パターンの塗装から選べます。
座面の高さは41cmと44cmの2種類が用意されており、必要に応じてクッションの追加も。Made in Germany品質の魅力的なオプションを選んで、あなただけのオリジナルの『MERA』がコーディネートできるのです。

BECK DESIGNの緻密なモデル構築から生まれる情熱的なデザイン

『MERA』のデザインを手掛けたのは、ドイツのBECK DESIGN。

代表であるデザイナーのノルベール・ベックは1988年にBECK DESIGNを立ち上げるまで美術工芸の教師をしていた経歴を持ち、椅子張り職人としての教育を受け建築を学んだシリヤ・ベックと2013年より協働しています。
BECK DESIGNはモデル構築段階で緻密な作業工程を行い、理論に裏付けられた技術力を生かした情熱的なデザインで、ヨーロッパの家具業界での評判を高めてきました。
ロルフベンツの他にもヒュルスタ(HULSTA)やレオラックス(LEOLUX)などの、長い歴史を持ちながらも家具に革新性を求めるブランドのデザインを多く手掛けています。
彼らは仕事と暮らしは密接な関係だと考え、事務所やスタジオ、電気自動車、家庭での電力消費を自己所有のソーラーシステムでまかない、環境先進国ドイツらしい持続可能な環境下で仕事と暮らしの実現に取り組むスタイルを一貫しています。

商品詳細 / 問い合わせ

    お問合せ 最終ご提案価格などのご依頼はこちらから

    名前(必須)

    メールアドレス(必須)


    関連記事一覧